2015年09月18日

ギヴァー 記憶を注ぐ者

 近未来の管理社会を描いたSF映画で、モノクロを効果的に使った雰囲気はいいけれど、オチの理屈がよく分からず、消化不良のままモヤモヤしてしまいました。

 作品情報 2014年アメリカ映画 監督:フィリップ・ノイス 出演:ブレントン・スウェイツ、ジェフ・ブリッジス、メリル・ストリープ 上映時間97分 評価★★★(五段階) 鑑賞場所:109シネマズグランベリーモール 2015年劇場鑑賞135本目



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

 【ストーリー】
 世界が荒廃した後、生き残った人類は争いごとも差別もない理想郷「コミュニティー」を作った。そこではすべては管理され、人類の過去の忌まわしい記憶や感情はすべて抹消されていた。

 幼年期を終えた子供たちはみな、職業につかなければならない。ジョナス(ブレントン・スウェイツ)は、コミュニティでただ一人、記憶を受け継ぐ「レシーヴァー」になることが決まった。記憶を注ぐ「ギヴァー」(ジェフ・ブリジッス)が、ジョナスの腕に触れると、過去の人類の記憶、感情というのが伝わるのだった。やがてジョナスは愛や感情をなくした今のコミュニティーは間違っていると思い…

 【感想】
 アメリカ映画にありがちな、愛こそすべて、管理こそくそ食らえという話なので、最初から展開は見えていました。特に、原作小説に書かれているのかもしれませんが、後半の冒険の意味がまったく分かりませんでした。御都合主義というか、最後まで説明はなかった。ギヴァーが何を考えているのかも今ひとつ不明でした。

 それでも、序盤のコミュニティの支配下にジョナスがいるころはすべてモノクロで、ギヴァーから記憶を与えられるごとに、色がついていくという演出は、さすがベテランのフィリップ・ノイス(「ボーン・コレクター」)らしいなあと感心しました。

 いかにも70年代のSFに出てきそうな理想郷の描写も、懐かしい感じ。汚い言葉を使っちゃいけないとか、礼儀正しくするとか、そういう世界のほうが平和になれるのにとすら思ったりして。愛や感情があったほうがいいけど、戦争とか悪の感情を呼び起こす必要もあるのか、そこらへんはいかにもアメリカ映画ですね。

 ジョナス役のスウェイツや、彼の幼なじみの少女、フィオナ役のオデイア・ラッシュなど、フレッシュな主役陣に、ブリッジスや、主席長老役のメリル・ストリープらベテランがうまく組み合わされていました。脇役にケイティ・ホームズやテイラー・スウィフトなど何気に豪華なキャスティングでしたし、そういう意味でも脚本をもう少し練り込めば、面白い作品になれたのに。
posted by 映画好きパパ at 06:12 | Comment(0) | TrackBack(4) | 2015年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ギヴァー 記憶を注ぐ者 (試写会)
Excerpt: 過去を知って未来を創れ 公式サイト http://giver-movie.com9月5日公開 原作: ザ・ギバ− 記憶を伝える者 (ロイス・ローリー著/講談社)監督: フィリップ・ノイス  「パトリオ..
Weblog: 風に吹かれて
Tracked: 2015-09-18 10:44

未公開映画:The giver  原作ものSF映画の 救いは、ジェフ・ブリッジズ!
Excerpt: この夏、アメリカではかなり公開が話題になった作品。 その理由1. 原作が有名な児童文学。 アメリカの作家ロイス・ローリー その理由2. 飛ぶ鳥を落とす、テイラー・スウィフトが映画に初出演! ..
Weblog: 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
Tracked: 2015-09-18 20:48

ギヴァー 記憶を注ぐ者 ★★★
Excerpt: ロイス・ローリーのSF児童文学「ギヴァー 記憶を注ぐ者」を、『ソルト』などのフィリップ・ノイス監督が映画化。欲望や憎悪などの感情が排除され、争いもない近未来の管理社会を舞台に、記憶を受け継ぐ使命を与え..
Weblog: パピとママ映画のblog
Tracked: 2015-09-19 15:01

ギヴァー 記憶を注ぐ者
Excerpt: THE GIVER 製作年 2014年 上映時間 97分 監督 フィリップ・ノイス 出演 ジェフ・ブリッジス/メリル・ストリープ/ブレントン・スウェイツ/アレクサンダー・スカルスガルド/ケイティ・ホ..
Weblog: to Heart
Tracked: 2015-09-19 20:01