2016年01月12日

黄金のアデーレ 名画の帰還

 ナチスに奪われた家宝を取り返そうとする老婦人と弁護士の物語で、実話ベースのため、劇的なシーンは少ないですが、戦闘シーン満載のミケランジェロ・プロジェクトより面白かった。

 作品情報 2015年アメリカ、イギリス映画 監督:サイモン・カーティス 出演:ヘレン・ミレン、ライアン・レイノルズ、ダニエル・ブリュール 上映時間:109分 評価★★★★(五段階) 鑑賞場所:TOHOシネマズららぽーと横浜 2016年劇場鑑賞5本目



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
 【ストーリー】
 1998年、ロサンゼルス郊外で用品店を営む老婦人マリア(ヘレン・ミレン)は、オーストリア政府が、ナチスに財産を奪われた人の被害を受け付けているというニュースをしる。戦前、ウィーンの名家に育ったマリアは、家宝ともいうべき、クリムトの名画「黄金のアデーレ」を返してもらおうとする。

 だが、「黄金のアデーレ」はオーストリアのモナリザと呼ばれる至宝で、オーストリア政府は返還する気はなかった。彼女は友人の息子で駆け出し弁護士のランディ(ライアン・レイノルズ)に相談するが、目の前には果てしない困難が待っていた。

 【感想】
 アデーレはマリアの伯母。現在のシーンのなかに、過去の幸せだった時代を描くシーンはオーソドックスですが、心に迫るものがあります。マリアのいう「家族が奪われ友人が殺され大切なものを失った。皆さんには名画でも、私には家族の思い出」との訴えは、過去のシーンを丁寧に描いていることがあいまり、涙が出そうになりました。

 しかし、オーストリア政府の官僚主義に加えて、外交関係悪化を恐れるアメリカ政府の協力も得られません。字幕では詳しく触れられていませんが、フランス政府が松方コレクションの一部の貴重な作品を返還しなかったこともあり、連合国側としても触れられたくなかったのでしょう。

 ランディも新米で頼りないうえ、勝ち目のない訴訟を売名のために始めたもの。そんな彼が後半の主役ともいえ、人間が本当にピンチに陥ったときの真価がいかなるものかを教えてくれます。それは回想シーンでも同様で、ナチスに協力してユダヤ人を迫害する人がいる一方で、こっそりと助けてくれる人もいました。後者の場合は命がけであり、そこでも人間の真価が現れます。

 戦闘シーンはほとんどありませんが、若い頃のマリア(タチアナ・マズラニー)が両親と別れて、ナチスに占領された町から脱出しようとするシーンは、結果が分かっているとはいえドキドキしましたし、後半の法廷シーンは胸のすくようなやりとりの連続。戦争の悲劇とともに、エンタメとしても成り立っています。

 ヘレン・ミレンはさすがの貫禄ですが、ライアン・レイノルズがうまく成長ぶりを表現しており、孫ぐらいの差なのに良いコンビ。さらに、タチアナ・マズラニーやアデーレ役のアンチュ・トラウェが本当に美しく、戦前の上流家庭の良さと、それを踏みにじるナチスの暴虐。何よりも、その手先となって協力する市民の醜さをうまく対比させていました。平和な日本で良かったとつくづく実感しました。
posted by 映画好きパパ at 06:36 | Comment(0) | TrackBack(9) | 2016年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

黄金のアデーレ 名画の帰還 (東京国際映画祭にて)
Excerpt: あの日オーストリアで 公式サイト http://golden.gaga.ne.jp11月27日公開 実話の映画化 監督: サイモン・カーティス  「マリリン 7日間の恋」 1998年、カリフォルニアで..
Weblog: 風に吹かれて
Tracked: 2016-01-12 13:44

黄金のアデーレ 名画の帰還 ★★★★
Excerpt: ナチスに奪われた世界的に有名なグスタフ・クリムトの名画を取り戻すため、オーストリア政府を相手に返還訴訟を起こした女性の実話を基に描いた人間ドラマ。肖像画のモデルとなった女性のめいで、戦争に運命を翻弄(..
Weblog: パピとママ映画のblog
Tracked: 2016-01-12 18:05

黄金のアデーレ 名画の帰還
Excerpt: 評価:★★★★【4点】(F) ナチスが美術品を略奪してた理由が判明しました(笑)
Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
Tracked: 2016-01-12 21:15

黄金のアデーレ 名画の帰還 / Woman in Gold
Excerpt: 画家グスタフ・クリムトの『アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像?』他の作品の所有権を巡って実際にあった裁判と裁判を起こした女性の運命の物語を描いた作品。 この映画を見るまで、クリムトという画家の名前も..
Weblog: 勝手に映画評
Tracked: 2016-01-12 21:52

過去と正義〜『黄金のアデーレ 名画の帰還』
Excerpt:  WOMAN IN GOLD  カリフォルニアで小さなブティックを営むユダヤ人女性マリア(ヘレン・ミレ ン)は、亡くなった姉がオーストリア政府に対し、ナチスに強奪さ..
Weblog: 真紅のthinkingdays
Tracked: 2016-01-13 07:36

黄金のアデーレ 名画の帰還
Excerpt: 【WOMAN IN GOLD】 2015/11/27公開 アメリカ/イギリス 109分監督:サイモン・カーティス出演:ヘレン・ミレン、ライアン・レイノルズ、ダニエル・ブリュール、ケイティ・ホームズ、タ..
Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
Tracked: 2016-01-13 10:15

黄金のアデーレ 名画の帰還
Excerpt: 黄金のアデーレ 名画の帰還 '15:米,イギリス ◆原題:WOMAN IN GOLD ◆監督:サイモン・カーティス「マリリン 7日間の恋」 ◆主演:ヘレン・ミレン、ライアン・レイノルズ..
Weblog: C’est joli ここちいい毎日を♪
Tracked: 2016-01-13 22:02

黄金のアデーレ 名画の帰還
Excerpt: 黄金のアデーレ 名画の帰還 '15:米,イギリス ◆原題:WOMAN IN GOLD ◆監督:サイモン・カーティス「マリリン 7日間の恋」 ◆主演:ヘレン・ミレン、ライアン・レイノルズ..
Weblog: C’est joli ここちいい毎日を♪
Tracked: 2016-01-17 20:50

映画:黄金のアデーレ 名画の帰還 WOMAN IN GOLD 名画の裏には、歴史あり。
Excerpt: 長い期間生き残ってるだけあって、たいていの名画の裏には、歴史あり。 この映画に登場する名画は、グスタフ・クリムトの名画「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像T」(写真:左) 世紀末美術のひとつと..
Weblog: 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
Tracked: 2016-06-19 17:08