2016年01月14日

マイ・ファニー・レディ

 大ベテランのピーター・ボグダノヴィッチ監督の人を食ったようなスクリューボール・コメディ。ベテランながらの味わいがある一方、せっかく良いシチュエーションを作ったのに生かし切れない歯がゆさがありました。

 作品情報 2015年アメリカ映画 監督:ピーター・ボグダノヴィッチ 出演:オーウェン・ウィルソン、イモージェン・プーツ、ジェニファー・アニストン 上映時間:109分 評価★★★★(五段階) 鑑賞場所:ヒューマントラストシネマ有楽町 2016年劇場鑑賞7本目 



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
 【ストーリー】
 ニューヨークのコールガール、イジー(イモージェン・プーツ)は客のデレク(オーウェン・ウィルソン)と意気投合。デレクはイジーにコールガールから足を洗えば3万ドルを渡すという。その言葉に売れない女優だったイジーは、コールガールをその場で辞め、芝居一筋に生きることを決める。

 翌日、ブロードウェイの舞台で、コールガール役のオーディションを受けに来た彼女はびっくり。有名な演出家のアーノルドこそ、昨晩、デレクと名乗った男だったのだ。ところが、この舞台の相手役はアーノルドの妻デルタ(キャスリン・ハーン)なので、浮気を隠したいアーノルドはイジーのことを何とか落とそうとする。しかし、本職のイジーの熱演にデルタも脚本家のジョシュア(ウィル・フォーテ)も感動。ジョシュアはイジーに一目惚れして、恋人の女医、ジェーン(ジェニファー・アニストン)とのデートをキャンセルして、イジーに猛烈アタックする。しかし、イジーがジェーンの患者だったため…

 【感想】
 劇中のナレーションでいうとおり、800万人も人がいるニューヨークで、ここまで関係者が一同に集まるというのは、映画でしかありえないストーリー。それを、オーウェン・ウィルソン、ジェニファー・アニストンらコメディが得意な演技陣が楽しそうに演じています。

 あらすじのところに書いた登場人物以外にも、何人もの人間が糸に絡まったように、意外な関係をもっているうえ、同じ場所で鉢合わせの連続。最初はハラハラしましたが、さすがに苦笑するしかない感じでしょうか。あと、せっかくの笑えそうな場面があっても、すかしちゃって笑えない部分もあり、もっと、ギャグよりの喜劇みたいな感じでもよかったのに。

 それでも、ニューヨークの演劇界というおしゃれな舞台が、いかにも演劇調のこのストーリーにもあってます。まあ、大人のみる粋な夢といったところでしょうか。「リスとナッツ」を始め、古き良き時代の映画へのリスペクトも感じます。

 ボグダノヴィッチ監督の名声でしょう、小品なのに結構有名どころが集まり、ラストのおっさんは、どこかでみたことあると思ったら、クエンティン・タランティーノが本人役で登場してました。また、昔懐かしいテイタム・オニールもカメオで出ていたけど、さすがに何十年ぶりに見たので、全然分かりませんでした(笑)
posted by 映画好きパパ at 06:47 | Comment(0) | TrackBack(7) | 2016年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/432535785

この記事へのトラックバック

マイ・ファニー・レディ
Excerpt: 評価:★★★☆【3.5点】(11) 元コールガールがハリウッド女優の地位を勝ち取った訳とは
Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
Tracked: 2016-01-14 21:23

マイ・ファニー・レディ/SHE'S FUNNY THAT WAY
Excerpt: 片隅のスタジオで、先鋭のハリウッドスター・イザベラは、その成功への道のりについて記者からインタビューを受けていた。 高級コールガールをしていたことを天真爛漫に告白、お客として初めて会ったブロ..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2016-01-15 22:10

「マイ・ファニー・レディ」
Excerpt: ただ楽しい。ただ笑える。大人のコメディ。得るもの失うもの何もなく、でもたまにはこんな作品もいい。っていうか、こんな作品がいい。巷で噂の通り、ウディ・アレンの作風に似てなくもない。でも、洒脱過ぎなかった..
Weblog: ここなつ映画レビュー
Tracked: 2016-01-29 12:55

マイ・ファニー・レディ ★★★★
Excerpt: 「ラスト・ショー」「ペーパー・ムーン」の名匠ピーター・ボグダノヴィッチ監督が、「ブロンドと柩の謎」以来13年ぶりに手がけた映画作品。元コールガールの人気女優をヒロインに、彼女を巡って一癖も二癖もある男..
Weblog: パピとママ映画のblog
Tracked: 2016-01-31 11:47

「マイ・ファニー・レディ」
Excerpt: 「She's Funny That Way」2014 USA ハリウッドの新進女優イジーことイザベラ・パターソンはニューヨークのとあるバーでインタビューを受けている。イザベラはコールガールから女..
Weblog: ヨーロッパ映画を観よう!
Tracked: 2016-02-06 00:18

【第27回東京国際映画祭】『シーズ・ファニー・ザット・ウェイ』 (2014) / アメリカ
Excerpt: 原題: She's Funny That Way 監督/脚本 : ピーター・ボグダノヴィッチ 出演: オーウェン・ウィルソン 、キャスリン・ハーン 、イモージェン・プーツ 、ジェニファー..
Weblog: Nice One!! @goo
Tracked: 2016-02-13 05:36

「マイ・ファニー・レディ」
Excerpt: 複数の人物が、ひとところにまとまって、浮気したしないでドタバタするコメディ。
Weblog: 或る日の出来事
Tracked: 2017-05-08 23:12