2016年01月19日

ピンクとグレー

 「どんでん返し」とか「あなたはきっと騙される」などのキャッチフレーズは氾濫しているのだけど、本作はびっくりしました。原作を読まずに、ネタバレを知らずに見られて、ラッキーです。予備知識なしに見ることをお勧めします。

 作品情報 2015年日本映画 監督:行定勲 出演:中島裕翔、菅田将暉、夏帆 上映時間:119分 評価★★★★(五段階) 鑑賞場所:TOHOシネマズ川崎 2016年劇場鑑賞11本目



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
 【ストーリー】
 小学生のころからいつも一緒だった大貴(中島裕翔)と真吾(菅田将暉)。二人はともに幼なじみのサリー(夏帆)が初恋の相手で、一緒にスカウトされ芸能界入りし、同居生活をしながら、うれしいことも哀しいこともいつも一緒の無二の親友だった。

 だが、真吾は瞬く間に大スターになるが、大貴はまったく売れず、エキストラばかり。次第に二人の間も、サリーとの関係も壊れていく。やがて真吾は大手事務所に引き抜かれて大貴たちの手の届かないところへ行ってしまう。だが…

 【感想】
 ネタバレにならないように感想を書くのは難しい…。確かにどんでん返しはびっくりしましたが、その分、ラストが軽いというのか、そこがすごければ、今年ベスト候補に早くもなったのですが、ちょっと残念かも。

 前半は青春映画ぽい物語で、僕の好みです。自分の夢に向かって歩く2人の友情と夢、恋、そして挫折。テンポ良く話しが進み、配役もぴったり。確かに、いつも一緒にいたなかで、一人だけが大成功すると、嫉妬、不安といった感情が起こるし、逆に成功した側も、代償に失うものが出てきます。その3人の心理描写が実にうまい。

 配役では菅田将暉、夏帆の演技にはびっくりしました。菅田はイケメンだけどちょっとださいところと、センスが微妙に悪いところもあり、こりゃ、スターになれないというのも納得です。あせり、嫉妬など小心者の演技がよくできている。

 一方、夏帆は、美人過ぎずどこにでもいそうな幼なじみのちょっとかわいい子というポジションにぴったり。大貴が付き合うようになった美人女優ら芸能人の世界とはまるで違う雰囲気や、素朴さ、純真さがよく出ています。夏帆もこうしたポジションはさすがですね。

 そして、どんでん返しの起きる後半。菅田の予告編にある殴られながら笑っているシーンの狂気の部分もぴったり。また、夏帆は本当にびっくりしました。中島は色がついていない感じなので、受けの芝居として良くできていました。この3人のコンビネーションは実に素晴らしい。青春映画としても、ミステリー映画としても良かったのだけど、やはりラストがちょっともったいないかなあ。
posted by 映画好きパパ at 07:01 | Comment(0) | TrackBack(5) | 2016年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

[映画『ピンクとグレー』を観た(短評)]
Excerpt: ☆・・・青春物だと思ったら、物語中途のどんでん返しで不条理劇へと変貌する。 ネタバレは避けたほうがいいと思うので詳しくは語らないが、物語の構造は重々分かれども、なんちゅうか、主人公「たち」への共感や、..
Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
Tracked: 2016-01-19 16:32

ピンクとグレー
Excerpt: 今朝は、この時期らしい・・・
Weblog: Break Time
Tracked: 2016-01-19 20:01

ピンクとグレー ★★★
Excerpt: ジャニーズの人気グループ「NEWS」の加藤シゲアキが2012年に発表した処女小説を、「世界の中心で、愛をさけぶ」「北の零年」の行定勲監督が映画化。脚本を担当する若手劇作家・蓬莱竜太と行定監督が原作を大..
Weblog: パピとママ映画のblog
Tracked: 2016-01-20 12:31

62分後の衝撃・・・は確かにあったけど。〜「ピンクとグレー」〜
Excerpt: ☆先に書いておきますが、 がんばったつもりでもポロポロと キーになることを書いてしまってますんで、これから見に行かれる方は鑑賞後に。m(_ _)m (&「とれタメ」より画像引用いたしま..
Weblog: ペパーミントの魔術師
Tracked: 2016-01-27 23:02

ピンクとグレー (2015日本)
Excerpt: 説明不要だとは思うが、NEWSの加藤シゲアキ原作の「ピンクとグレー」が、Hey! Say! JUMPの中島裕翔主演で映画化された。中島裕翔は、Hey! Say! JUMPとしてデビューする以前からTV..
Weblog: エンタメ ウェブロッジ SunHero
Tracked: 2016-02-22 04:50