2016年01月27日

パディントン

 ロンドンにやってきた紳士的なクマが巻き起こす騒動をユーモラスに描いた子供から大人まで楽しめる作品。イギリスらしく、シニカルなところもありますね。吹き替え版で見ましたが、松坂桃季が上手でした。

 作品情報 2014年イギリス映画 監督:ポール・キング 出演:ヒュー・ボネヴィル、ニコール・キッドマン、サリー・ホーキンス 上映時間:97分 評価★★★★(五段階) 鑑賞場所:TOHOシネマズ上大岡 2016年劇場鑑賞19本目 



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
 【ストーリー】
 パディントン(声・松坂桃季)は、人間の言葉が話せ、二足で歩くクマ。家が地震で壊れたため、暗黒の地・ペルーからロンドンに家を探しにやってきた。何十年も前、おじさんのクマ夫婦にオレンジ・マーマレードのおいしさを教えてくれたイギリス人の探検家(ティム・ダウニー)が、ロンドンに来たら歓迎すると言われていたのだ。

 おじさん夫婦の教えで非常に紳士的なクマとなった彼だが、ロンドンの町は皆忙しく相手にしてくれない。そんななか、通りがかったブラウン夫人(サリー・ホーキンス)が同情して、夫のブラウン氏(ヒュー・ボネヴィル)の反対を押し切って、自宅に泊めてくれる。だが、しゃべれるクマがロンドンに来たことを知った博物館のはく製部長ミリセント(ニコール・キッドマン)は、パディントンを捕まえてはく製にしようとたくらむ。

 【感想】
 イギリスでは半世紀以上親しまれている童話で、アニメは日本でも放映されたそうですが、未見。しかし、初見でもパディントンのドタバタは王道的なファミリーコメディで、彼の行動が周囲に波紋を広げる一方、家族の絆を固めてくれるというオーソドックスなストーリーに心温まります。

 英語をしゃべるクマにだれも驚かないという突っ込みはさておき、文明生活は初めてのパディントンが、洋式トイレや自動改札なので一騒動起こす様子は子供でも分かりやすいギャグです。また、ミリセントがミッション・インポッシブルのテーマをBGMにブラウン宅に侵入するシーンは、完全に元夫のトム・クルーズのパロディ。ファンならにやりとするでしょう。その一方で、地震で育ての親のおじさんを亡くすなど、単なるドタバタでなく、人生の無常っぽいところをエッセンスとしていれているところもいい。

 また、脚本としても前半の伏線がことごとく後半で成就するというお手本のようなでき。ミリセントに追い詰められたパディントンが危機一髪のシーンでは、近くで見ていた子供がマジ泣きするくらいの迫力でした。最後の落ちも、シニカルでよかったです。

 ジム・ブロードベント、ジュリー・ウォルターズといったベテランを脇役で起用しているのはしまりますし、なんと言ってもニコールのノリノリの演技がたまりません。吹き替えの木村佳乃の落ち着いた声も画面とのギャップを楽しめました。あまり吹き替え版はみないのですが、コメディで声優陣もうまいと堪能できますね。
posted by 映画好きパパ at 06:54 | Comment(0) | TrackBack(13) | 2016年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ニコール・キッドマンハマりすぎ。(*^_^*)〜「バディントン」日本語吹き替え版〜
Excerpt: これ、アニメだったら見に行かなかっただろうけど、 なかなか面白かったですよ。ちょっと侮ってました。その下げたハードルの分 楽しめました。(わわわわわ) 「ライラの冒険」でも似たような役をやって..
Weblog: ペパーミントの魔術師
Tracked: 2016-01-27 12:09

パディントン★★★★
Excerpt: 長年世界中で愛されている、マイケル・ボンドの児童文学「くまのパディントン」を実写映画化。見知らぬ国にやって来たクマが親切な家族と出会い、パディントンと名付けられて新しい冒険に乗り出す姿を映す。『ハリー..
Weblog: パピとママ映画のblog
Tracked: 2016-01-27 15:46

パディントン
Excerpt: 評価:★★★【3点】(P) 世界的有名な児童小説はオッちゃんには少々退屈だった。
Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
Tracked: 2016-01-27 21:33

パディントン
Excerpt: MIするニコールとクマ 公式サイト http://paddington-movie.jp イギリスのロンドンに住む冒険家が、暗黒の地ペルーで、新種のクマを発見した。数十年後、地震で家とおじさんを亡くし..
Weblog: 風に吹かれて
Tracked: 2016-01-29 15:26

ショートレビュー「パディントン・・・・・評価額1650円」
Excerpt: 「他人の家」で、暮らすには。 ペルーの山奥からロンドンへやって来た、言葉を喋るクマのパディントンが、安住の「家」を探して、居候先のブラウンさん一家と大騒動を巻き起こす。 半世紀以上にわたって愛..
Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ
Tracked: 2016-02-02 21:25

マーマレードは飲み物です(笑)〜『パディントン』【字幕版】
Excerpt:  PADDINGTON  「暗黒の地」 ペルーの森から、赤い帽子をかぶったクマ(声:ベン・ウィショ ー)が大都会ロンドンへやってきた。雑踏で途方に暮れていた彼はブラウン..
Weblog: 真紅のthinkingdays
Tracked: 2016-02-07 00:39

「パディントン」
Excerpt: たいへん、よク、マとまりました。
Weblog: 或る日の出来事
Tracked: 2016-02-14 16:33

パディントン
Excerpt: パディントン '14:イギリス ◆原題:PADDINGTON ◆監督:ポール・キング ◆主演:ニコール・キッドマン、ヒュー・ボネヴィル、サリー・ホーキンス、ジュリー・ウォルターズ 、ジ..
Weblog: C’est joli ここちいい毎日を♪
Tracked: 2016-02-14 21:04

パディントン
Excerpt: PADDINGTON 2014年 イギリス 97分 コメディ/アドベンチャー/ファミリー 劇場公開(2016/01/15) 監督: ポール・キング 原案: ポール・キング 脚本: ポール・キング..
Weblog: 銀幕大帝α
Tracked: 2016-08-16 22:49

パディントン
Excerpt: 小さな野生のクマが、はるばるペルーからロンドンへやって来た。 お腹を空かした彼に声をかけたのは、家族旅行から帰って来たブラウン家のお母さんメリーだった。 出会った駅名から“パディントン”と名付けられた..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2016-09-30 10:19

パディントン
Excerpt: 【PADDINGTON】 2016/01/15公開 イギリス 97分監督:ポール・キング出演:ヒュー・ボネヴィル、サリー・ホーキンス、ジュリー・ウォルターズ、ジム・ブロードベント、ピーター・キャパルデ..
Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
Tracked: 2016-10-03 16:32

パディントン
Excerpt: JUGEMテーマ:洋画     「パディントン」 原題:Paddington 監督:ポール・キング 2014年 ..
Weblog: マープルのつぶやき
Tracked: 2017-01-12 10:40

パディントン
Excerpt: 監督:ポール・キング 出演:ヒュー・ボネヴィル、サリー・ホーキンス、ジュリー・ウォルターズ、ジム・ブロードベント、ーター・キャパルディ、ニコール・キッドマン、ベン・ウィショー、マデリーン・ハリス、サミ..
Weblog: タケヤと愉快な仲間達
Tracked: 2017-02-12 06:41