2016年04月26日

ボーダーライン

 原題は「Sicario」。邦題は似たような題名のテレビや映画はあるだけに、最初はどうかと思いましたが、見終わったら、ああ、この題名しかないと腑に落ちました。最初から最後まで緊迫感あふれるサスペンスです。

 作品情報 2015年アメリカ映画 監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ 出演:エミリー・ブラント、ベニチオ・デル・トロ、ジョシュ・ブローリン 上映時間:121分 評価★★★★(五段階) 観賞場所:角川シネマ有楽町 2016年劇場鑑賞80本目



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
【ストーリー】
 アリゾナ州にあるメキシコの麻薬組織「ソノラカルテル」のアジトを急襲したFBI捜査官のケイト(エミリー・ブラント)は、そこで大量の犠牲者の遺体を発見したうえ、捜査中の警官も犠牲になった。事態を重くみたアメリカ政府は、カルテルを壊滅するべく、極秘に軍、警察、FBIなどからなる特殊部隊を結成。FBIからはケイトがメンバーとして送られる。

 部隊は、謎の男マット(ジョシュ・ブローリン)に率いられ、アメリカ人だけでなく、メキシコの元検事アレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ)も加わっていた。メキシコの国境の町ファレスで、組織の幹部を引き取りに行ったケイトは、そこが戦場といっていいぐらい危険な場所としる。そして、マットやアレハンドロも、組織壊滅のためには手段を選ばない男達だった。

 【感想】
 冒頭の麻薬組織のアジト急襲から、とにかくどきどきしっぱなし。アジトで大量の遺体が見つかるシーンや、その後の思いもがけずに反撃を受ける場面から、登場人物のいつだれが死んでもおかしくないという、リアルな危機感が観客に共有されます。しかも、低音を多様したBGMがゾクゾクするほどもり立ててくれます。

 ケイトはFBI捜査官といえども、人質救出の専門家で、大量の遺体に吐き気を催したり、犯人を射殺したあとショックを受けたりします。でも、マットもアレハンドロも、そんな人間性は皆無。麻薬組織との闘いでは、そうした人間性はむしろ邪魔になるということが、過酷なエピソードの数々を通して明らかになっていきます。

 だから、ボーダーラインは、アメリカとメキシコの国境線という意味もあるけれど、人間性をもつかどうかのボーダーラインという意味もあります。ケイトが犯人を射殺したり、爆発の被害を受けたりするのがいずれも屋内であるというのも、外に出てどんどん犯人を射殺している他の部隊員たちとの違い、ボーダーラインを浮き彫りにしています。

 そのメキシコの密輸組織の残虐性ですが、映画で誇張しているかと思いきや、現実にも何千人という人が見せしめのために残酷な手法で殺害されているそうで、ロケなどにも大変な苦労をしたそうです。

 クライマックスからラストにかけては賛否がわかれるだろうけど、ここでもボーダーラインという言葉が重くのしかかります。エミリー・ブラントは、FBI捜査官にしては線が細い気もしましたが、ここで彼女を起用した理由を納得しました。ギャング役が多いベニチオ・デル・トロは、最初は冴えない中年男だったのに、どんどんハードボイルドの世界にそまっていって、名優だなとしみじみ思いました。

posted by 映画好きパパ at 06:43 | Comment(0) | TrackBack(12) | 2016年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437175037

この記事へのトラックバック

メキシコ麻薬カルテルの根深さ
Excerpt: 23日のことですが、映画「ボーダーライン」を鑑賞しました。 試写会にて  FBI捜査官のケイトは、メキシコ麻薬カルテルの全滅を目的とした部隊にリクルートされる 特別捜査官マットや謎のコロンビア人ア..
Weblog: 笑う社会人の生活
Tracked: 2016-04-26 07:52

ボーダーライン
Excerpt: 終わりのない闇 公式サイト http://border-line.jp 監督: ドゥニ・ヴィルヌーヴ  「灼熱の魂」 「プリズナーズ」 「複製された男」 FBIの誘拐即応班を指揮する女性捜査官、ケイト..
Weblog: 風に吹かれて
Tracked: 2016-04-26 08:53

国境の南〜『ボーダーライン』
Excerpt:  SICARIO  優秀なFBI捜査官ケイト(エミリー・ブラント)は、メキシコの麻薬組織<カル テル>撲滅のためのチームにスカウトされる。国境の南で彼女が見たのは、 ..
Weblog: 真紅のthinkingdays
Tracked: 2016-04-26 13:10

ボーダーライン ★★★★
Excerpt: メキシコの麻薬組織壊滅を目的とする特殊チームにスカウトされた正義感あふれるFBI女性捜査官が、突然放り込まれた麻薬戦争の最前線で目の当たりにする衝撃の実態をリアルかつ極限の緊張感で描き出した社会派サス..
Weblog: パピとママ映画のblog
Tracked: 2016-04-26 13:58

『ボーダーライン』 善悪の境界とは関係なく、ごく個人的な復讐
Excerpt:  『プリズナーズ』『複製された男』などのドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の最新作。  原題は「Sicario」であり、スペイン語で「殺し屋」を意味する。  誘拐事件を担当していたFBI捜査官の..
Weblog: 映画批評的妄想覚え書き/日々是口実
Tracked: 2016-04-26 18:31

ボーダーライン
Excerpt: 評価:★★★★☆【4.5点】(11) メキシコとの国境沿いの緊迫感が凄い!
Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
Tracked: 2016-04-26 20:15

ボーダーライン / Sicario
Excerpt: アメリカとメキシコの国境付近における麻薬戦争を描いた作品。 激烈ですねぇ。日本でこの様な事が話題になることはないので、衝撃的です。単に、警察に寄る取り締まりではなく、リアルに“戦争“だと思います。 ..
Weblog: 勝手に映画評
Tracked: 2016-04-26 22:42

劇場鑑賞「ボーダーライン」
Excerpt: 善悪の境界の曖昧さ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201604090001/ [CD]..
Weblog: 日々“是”精進! ver.F
Tracked: 2016-04-28 19:49

ボーダーライン
Excerpt: アメリカとメキシコ国境の町フアレス。 女性エリートFBI捜査官ケイトは、巨悪化するメキシコ麻薬カルテルを殲滅すべく、謎のコロンビア人と共に麻薬組織ソノラカルテルを撲滅させる極秘任務に就いた。 人が簡単..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2016-05-01 15:09

DVD:ボーダーライン Sicario  今年のベスト10に入れちゃいそうな、今年有数の犯罪映画。
Excerpt: DVDで鑑賞して、「この映画、劇場で見なくちゃだったな…」と後悔する作品が年に何本か、ある。 今作は、まさにその一本! 映画のテーマは、メキシコの麻薬組織との闘い。 ..
Weblog: 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
Tracked: 2016-09-22 08:04

ボーダーライン
Excerpt: SICARIO 2015年 アメリカ 121分 サスペンス/犯罪/アクション R15+ 劇場公開(2016/04/09) 監督: ドゥニ・ヴィルヌーヴ 『複製された男』 出演: エミリー・ブラン..
Weblog: 銀幕大帝α
Tracked: 2017-02-28 20:48

「ボーダーライン」
Excerpt: 麻薬戦争、恐ろしい!
Weblog: 或る日の出来事
Tracked: 2017-04-08 07:15