2016年05月10日

スキャナー 記憶のカケラをよむ男

 古沢良太脚本ということで期待していったんだけど、途中から重要な設定が崩れているような。ちょっとネタバレ気味の感想になるので、映画をご覧になりたい人は注意してください。

 作品情報 2015年日本映画 監督:金子修介 出演:野村萬斎、宮迫博之、木村文乃 上映時間:111分 評価★★(五段階) 観賞場所:TOHOシネマズ川崎 2016年劇場鑑賞91本目



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
【ストーリー】
 物や場所に残った人間の記憶や感情をよみとる「スキャナー」という超能力をもった仙石和彦(野村萬斎)。芸人の丸山竜司(宮迫博之)とコンビを組んで、芸のようにみせたこともあったが、人間不信となり今はひきこもり状態。

 そこへ女子高生の秋山亜美(杉咲花)が現れ、行方不明になったピアノ教師の沢村雪絵(木村文乃)を超能力で探して欲しいと依頼する。再びコンビを込んだ仙石と丸山は調査に乗り出し、雪絵を拉致した犯人の外見をスキャンする。それが連続殺人事件の目撃情報と一致。警視庁は仙石たちが事件に関与しているのではと疑うが、佐々部刑事(安田章大)だけは捜査協力を依頼してくる。しかし、犯人の魔の手は仙石たちに伸びようとしていた。

 【感想】
 監督の金子修介がよくいえば手堅い職人的、悪くいえば、超能力シーンもどっかで見たようなイメージの映像なので、20年前の土曜ワイド劇場と言われても信じちゃいそうなできでした。どうせなら、がけの上で謎解きすればよかったかも。

 前半は面白かった。仙石の引きこもり状態を再現した野村と、宮迫、杉咲とのぼけ突っ込み。いかにもな感じの芸能事務所社長役の高畑淳子もでてきて、コミカルさと、事件の怪奇さの両方で期待をあおります。

 ところが、中盤からあれ?と思うシーンがちょくちょくでてきます。例えば、仙石たちが襲われ間一髪になるところがあるのだけど、犯人はそれをどうやって知ったのかとか。仙石たちを尾行するというのは、ちょっと設定上無理があります。

 そして、クライマックスになると、スキャナーの設定が大幅にぶれてしまい、いわば、霊媒師になってしまった。それだったら、最初から死者の霊を呼び寄せて、犯人を名指ししてもらえば、開始5分で解決できるだろうに。超能力ものって、設定がありえないフィクションなので、細部がリアルでないとダメだと思うんですよね。本作はその設定そのものがおかしくなってしまった。そして、その真相も何というかお花畑。いっきにテンションが下がりました。

 良かったのは、スキャニングした木村文乃が大アップでこちらに語りかけてくるところ。彼女はつくづく美形だと実感し、これは眼福でした。

posted by 映画好きパパ at 06:58 | Comment(0) | TrackBack(6) | 2016年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

スキャナー 記憶のカケラをよむ男 ★★★
Excerpt: 「陰陽師」「のぼうの城」の野村萬斎主演で贈る異色の謎解きミステリー。物や場所に残る人間の記憶や感情を読み取ることができる特殊能力を持つ変わり者の主人公が、元相方の芸人とともに引き受けるハメになった怪し..
Weblog: パピとママ映画のblog
Tracked: 2016-05-10 19:19

スキャナー 記憶のカケラをよむ男
Excerpt: 野村萬斎の現代劇姿は何だか新鮮。
Weblog: だらだら無気力ブログ!
Tracked: 2016-05-10 23:41

『スキャナー 記憶のカケラをよむ男 』
Excerpt: 残留思念を読み取る特殊能力を持つ 元お笑い芸人が、行方不明者の捜索を依頼された のをきっかけに、嘗ての相方と一緒に事件解決に挑む... 【個人評価:★★ (2.0P)】 (劇場鑑賞)
Weblog: cinema-days 映画な日々
Tracked: 2016-05-15 02:21

スキャナー 記憶のカケラをよむ男
Excerpt:  『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』を渋谷TOEIで見ました。 (1)『のぼうの城』で好演した野村萬斎の主演作ということで、大変遅ればせながら(注1)映画館に行ってきました。  本作(注2)の冒..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2016-06-06 21:11

スキャナー 記憶のカケラをよむ男
Excerpt: 2016/04/29公開 日本 109分監督:金子修介出演:野村萬斎、宮迫博之、安田章大、杉咲花、木村文乃、ちすん、梶原善、風間杜夫、高畑淳子 真実は、この「手」が知っている。 STORY:残留思..
Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
Tracked: 2016-06-07 13:12

スキャナー 記憶のカケラをよむ男
Excerpt: かつて、お笑いコンビ“マイティーズ”として活動していた仙石和彦は、今はマンションの管理人。 彼には残留思念(物や場所に残った人間の記憶や感情)を読み取る特殊能力があった。 ある日、売れない芸人を続けて..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2016-06-09 13:06