2016年05月17日

オマールの壁

「パラダイス・ナウ」でパレスチナ人の心情を世界に伝えたハニ・アブ・アサド監督の傑作。パレスチナで青春を送る一人の青年を通して、国際社会の非情さを明らかにしています。カンヌのある視点部門審査員賞受賞

 作品情報 2013年パレスチナ映画 監督:ハニ・アブ・アサド 出演:アダム・バクリ、リーム・リューバニ、サメール・ビシャラット 上映時間:97分 評価★★★★(五段階) 観賞場所:渋谷アップリンク 2016年劇場鑑賞97本目



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
 【ストーリー】
 パレスチナのパン職人オマール(アダム・バクリ)は、幼馴染みの親友タレク(エヤド・ホーラーニ)の妹、ナディア(リーム・リューバニ)と両思い。近くプロポーズをすることを決めていた。しかし、町の真ん中にはイスラエルが築いた巨大な壁があり、ナディアの所に行くには監視の目をかいくぐって壁を越えなければならない。

 オマール、タレク、そしてもう一人の親友アムジャド(サメール・ビシャラット)はイスラエルの検問所を襲撃する。だが、秘密警察に捕まったオマールは拷問を受け、一生牢屋に入れられナディアを酷い目にあわせると脅される。そして、イスラエルのスパイになるよう、ラミ捜査官(ワリード・ズエイター)から迫られた。果たしてオマールの選択は…

 【感想】
 「アイヒマン・ショー」では迫害を受けていたユダヤ人が、パレスチナ問題では迫害するほうに回る。歴史的な経緯は複雑で、門外漢が口を挟むことではないのだけど、例えば、パトロール兵がオマールにいいがかりをつけニヤニヤ笑いながら暴行を加えるシーンは、結局、今の時代でも人間の悪意というのがむきだしになっていることを明らかにします。

 序盤は3人の青年とナディアのなんということもない平穏な生活が続きます。恋人の家に行くことすら命がけだけど、その壁にロープをかけ、オマールは楽々、壁を乗り越えていきます。しかし、中盤以降、話はどんどん重くなり、ついにオマールは壁を乗り越えることができなくなります。どんな過酷な状況におかれても前向きに生きることと、自分の行動に後悔をして生きる力がなくなってしまうことの対比がよく表された命シーンです。

 スパイサスペンスとしてもよく凝ってあり、オマールの選択はどうなるのか、そして、だれが敵でだれが味方かというのが二転三転します。ただ、占領下の住民と、強大な力を持つイスラエル諜報部とでは圧倒的な差があり、オマールの選択は、事態を悪化させていくのに、それをせざるを得ない被占領者の哀しみがよく伝わっていきます。

 うまいなと思ったのが、悪役のはずのラミ捜査官が、家庭では良き父親で、奥さんに怒られて幼稚園の子供を迎えに行く約束をしているところ。えてしてこういう作品では、悪役は薄っぺらいキャラクターなんですけど、それこそ、ごく普通の人が、立場や仕事によっていかにむごいことができるのかという、人間の愚かしさも表していました。

 パレスチナの壁はイスラエル政府はテロ防止のためと説明していますが、実際は占領地を恒久的な領土にするためとも言われており、国連でも非難決議がされています。しかし、壁の建設は着々と進んでいます。ニュースではそこまでしかわからないけど、オマールやナディアのような人たちが実際にも息づいていると考えると、重たい気持ちがのしかかります。

 パレスチナの俳優は初見ですが、アダム・バクリとリーム・リューバニは美男美女のカップル。それが、政治に翻弄され、傷ついていく様子は見ていて心が痛みました。
posted by 映画好きパパ at 06:23 | Comment(0) | TrackBack(4) | 2016年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437959710

この記事へのトラックバック

オマールの壁 OMAR
Excerpt: パレスチナの分離壁に象徴される、イスラエルの占領下で抵抗する若者の姿を描く。 パレスチナに住むオマールは、イスラエルが作った分離壁のせいで幼馴染のタレクの家に行くにも警備の目を盗んで壁をよじ登らな..
Weblog: まてぃの徒然映画+雑記
Tracked: 2016-05-17 22:33

オマールの壁・・・・・評価額1750円
Excerpt: 壁の中の青春。 イスラエル占領下のパレスチナで、秘密警察に捕らえられ、スパイになることを強要される青年の物語。 一生を刑務所で過ごすか、民族の裏切り者として生きるか。 巨大な分離壁に取り囲ま..
Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ
Tracked: 2016-05-17 23:02

オマールの壁
Excerpt: ヨルダン川西岸地区、分離壁によって町が分断されているイスラエル占領下のパレスチナ。 パン職人のアラブ人(パレスチナ人)青年オマールは、イスラエル軍の監視と銃弾を避け、分離壁をよじのぼっては、壁の向こう..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2016-05-18 05:40

「オマールの壁」
Excerpt: 観るべき作品。「今」のパレスチナ自治区で何が起こっているのかを感じ取る事ができるフィクション。哀しみは、誰も信じる事が出来ない事ではなく、「みんなが嘘を信じて」しまった事に集約される。それ程猜疑心に満..
Weblog: ここなつ映画レビュー
Tracked: 2016-05-18 12:32