2016年07月01日

MARS〜ただ、君を愛してる

 人気少女漫画をドラマ化したものの劇場版。予告編にもポスターにもドラマの劇場版と書いておらず、ドラマをみていなければおもしろさが半減なので、見ている間、結構、いらっときていました。

 作品情報 2016年日本映画 監督:耶雲哉治 出演:藤ケ谷太輔、窪田正孝、飯豊まりえ 上映時間:98分 評価★★(五段階) 観賞場所:TOHOシネマズ川崎 2016年劇場鑑賞133本目



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


 【ストーリー】
 海で運命的な出逢いを果たした高校生の零(藤ケ谷太輔)とキラ(飯豊まりえ)。2人は付き合うようになり、かつて荒れていた零も暖かさを取り戻していた。そこへ、転校生の牧生(窪田正孝)が現れる。

 牧生が愛していたのは、かつての荒ぶる零だった。人間味あふれる零は、自分の愛した零でないと、牧生はキラと分かれるよう周到な罠をしかけていく。キラには誰にも知られたくない秘密があったのだ…

 【感想】
 日本テレビの深夜ドラマで放送したそうですが、存在すらしらなかった。肝腎の3人が出会うシーンをドラマでやってしまったので、映画の3人の心理描写はすかすか。恋愛映画らしく、クライマックスに過去の名場面が流れるのですが、その大半がドラマの場面で、映画からみたこちらはぽかんとしてしまいました。

 性格派俳優の窪田はさすがの演技だったけど、まだ演技経験が少ない飯豊には荷が重かったかな。また、窪田、藤ケ谷とも学生服を着ているのならともかく、物語の学校は私服だったので、さすがに高校生役はきついかと。キャラを丁寧に描いていればこのへんも納得できたんでしょうけど、その部分がすっとばされていたからなあ。

 まあ、3人のビジュアルは良かったので、3人のファンやドラマのファンだったら満足できるのかな。ラストも悪くはなかったし。ただ、ドラマを見ていない人は、ちょっときついと思いました。
posted by 映画好きパパ at 07:10 | Comment(0) | TrackBack(3) | 2016年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

MARS〜ただ、君を愛してる〜 ★★
Excerpt: 衝撃的な展開で話題を呼んだ惣領冬実のコミックを実写化したテレビドラマの劇場版。イケメン2人と心を閉ざした女子高生を中心に繰り広げられる、純粋で残酷な恋模様を描く。監督は『百瀬、こっちを向いて。』などの..
Weblog: パピとママ映画のblog
Tracked: 2016-07-02 12:31

MARS(マース) ただ、君を愛してる
Excerpt: バイク好きの少年・零と、絵を描くことが好きな少女・キラは高校の同級生。 二人は海で出逢い恋に落ちるが、キラは一線を越えることを頑なに拒み、そのせいで最近はギクシャクしていた。 零の死んだ双子の弟・聖の..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2016-07-03 06:08

『MARS 〜ただ、君を愛してる〜』
Excerpt: MARS~ただ、君を愛してる~ 心を閉ざした女子高校生と男子高校生の 運命的な出会いに、思わぬ人物が立ちはだかる... 【個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞) 原作:惣領冬実の..
Weblog: cinema-days 映画な日々
Tracked: 2017-05-11 01:01