2016年10月25日

淵に立つ

 カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞を受賞した深田晃司監督の新作。一見平穏な家庭が異物の登場でみるみる亀裂ができていく様子は、フランス映画好みだろうなあと思いました。

 作品情報 2016年日本・フランス映画 監督:深田晃司 出演:浅野忠信、筒井真理子、古舘寛治 上映時間:119分 評価★★★★(五段階) 観賞場所:渋谷シネパレス 2016年劇場鑑賞239本目 

 

ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


 【ストーリー】
 郊外で金属加工工場を営む鈴岡利雄(古舘寛治)は、妻の章江(筒井真理子)と10歳の娘、蛍(篠川桃音)と平凡な家庭を築いていた。だが、ある日、利雄が古い友人という八坂(浅野忠信)という男を、章江に断りなく雇い、家にも同居させる。

 礼儀正しく物静かな八坂に章江も蛍もなきつはじめる。だが、八坂は殺人を犯して刑務所を出所したばかりだった。やがて八坂の行動が利雄一家をかき乱すようになり、ついには悲劇が起こる。

 【感想】
 鈴岡家はどこにでもある一家です。妻と夫の間がかならずしもラブラブではなく、互いにちょっとした不満やコミュニケーション不足はあるけれど、そんなのどこの家にでもあることでしょう。ただ、もし、利雄と章江が信頼できて、何でも打ち明けられるような仲だったら、八坂が現れても何ら問題はなかったでしょう。

 その八坂ですが、罪を犯したことをきちんと章江にも打ち明けたうえで、罪を悔いて、礼儀正しい行動をします。クリスチャンの章江にとって、罪人を許すというのは信仰にものっとった行為でしょう。また、蛍がオルガンを八坂に習うというのも、なぜ、ピアノでなくオルガンかというと、キリスト教的な意味合いが強いのかなと思ってしまいます。

 しかし、八坂の礼儀正しい態度は表面に過ぎず、彼の本心は得体の知れない人物だということが、チラチラとでてきます。予告編でもある、家族と八坂での川辺のバーベキュー。幸せそうな集合写真をとる裏で、彼の本心はどうであったのか。そういう不気味な男は浅野にはまさに適役です。

 八坂がなぜ殺人をおかしたのかなど、重要な点をいくつも、観客の想像に任せています。このへんはいかにもフランス映画だけど、だからこそ、最後まで不穏な雰囲気というのは崩れないまま。大変、緊張感がある作品に仕上がりました。さらに、ライティングも工夫し、BGMも意識的に抑えて、表面的には大人しいけど、いつ破綻するか分からない不気味さがますますでてきます。

 主演3人の安定した演技に、子役の篠川や若手の真広佳奈、太賀らの危うげなところの妙なマッチングが、不穏な動きをさらにかきたてます。見終わったあと、なんともいえない苦い気持ちになるのですけど、まさに、見ているこちらも人間の闇落ちする淵にたち、突き落とされるのではとの気分にさせられます。何となく韓国映画の「オアシス」を思い出しました。
posted by 映画好きパパ at 08:06 | Comment(0) | TrackBack(5) | 2016年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

淵に立つ ★★★
Excerpt: 『ほとりの朔子』などの深田晃司監督と、『私の男』などの浅野忠信がタッグを組んだ衝撃のヒューマンドラマ。ごく平凡な夫婦の前に突然ある男が現れたことにより、平穏だった日常に不協和音が響き始める様子を描き出..
Weblog: パピとママ映画のblog
Tracked: 2016-10-25 10:48

『淵に立つ』 赤と白のドラマ
Excerpt: Harmonium(film) 赤い色彩をこんなふうに観念的とでもいえそうな手つ
Weblog: Days of Books, Films
Tracked: 2016-10-25 22:45

ショートレビュー「淵に立つ・・・・・評価額1650円」
Excerpt: とある家族の罪と罰。 
ある意味日本のハネケ、まことにおそろしい映画である。 古舘寛治と筒井真理子が演じる利雄と彰恵は、ほとんど二人だけで回しているような、小さな町工場を経営している夫婦。 ..
Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ
Tracked: 2016-10-26 22:07

淵に立つ
Excerpt:  『淵に立つ』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)浅野忠信が出演するというので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、少女・蛍(篠川桃音)がオルガンを弾いています。しばらくすると、オ..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2016-10-28 20:56

淵に立つ
Excerpt: 第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で審査員賞を受賞した作品。主演を浅野忠信と筒井真理子、津田寛治が演じる。 親から受け継いだ小さな町工場を経営する鈴岡利雄(津田寛治)。妻章江(筒井真理子)と..
Weblog: まてぃの徒然映画+雑記
Tracked: 2016-11-27 01:01