2016年12月31日

今年の映画ベスト10(邦画編)

 空前の大豊作だった今年の邦画。ベスト10ではおさまりつかないほど、名作、傑作、佳作が目白押しです。邦画の危機みたいなことがいわれますが、今年のラインナップをみていると、とても信じられません。



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
10位 君の名は
 新海誠監督のメガヒットアニメ。ストーリー、絵柄、キャラとすべてが際立っていますし、前半のラブコメと後半の胸キュンぶりの対比はよくできています。僕も大好きな作品で、劇場で2回見ました。でもここまでヒットするというのはちょっと驚きですね。

9位 何者
 これだけ人気の若手俳優を集めて、今の若者の弱さ、嫌らしさ、そして、社会に入るまでの純粋さをよくぞ表現したという思いでいっぱいです。就活はもちろん重要なテーマですが、ネット社会における人間関係の希薄さ、情報におぼれる若者達ということで、現代社会の影がもっとも表れた作品では。

8位 planetarian〜星の人
 原作ゲームが10年以上前ということもあり、多少古くさいところもありましたが、逆に言うと年を隔てても名作として通用するということでしょう。今年一番泣いた作品で、これも劇場で2回見ました。ただ、女性受けはあまりよくないようで、このへんは「君の名は。」より童貞色がするのかもしれません。

7位 ちはやふる〜上の句
 今年大活躍の広瀬すずの主演作。競技カルタを舞台にした痛快青春映画でしたが、惜しむらくは今年でなければもっと評価が高かったと思うこと。知名度よりも旬で選んだ若手キャストの中でも、広瀬すずは今もっとも輝いている女優だと思うので、新作がどんどん公開されている今は楽しみです。

6位 ディストラクション・ベイビーズ
 見終わったあと、だれかれ構わず喧嘩をふっかけたくなりそうな作品で、ここまでギラギラとした、鬱屈と暴力に満ちた作品は、最近の邦画では珍しい。そして、そのギラギラぶりを 柳楽優弥、菅田将暉、小松菜奈の3人が見事に体現しています。

5位 日本で一番悪い奴ら
 実際に起きた北海道警の不祥事をノンストップエンターテインメントにして、綾野剛の体当たり演技を魅せてくれます。特に、調子にのっているときと、苦境に起きた時の双方で綾野がこんなに魅力的な俳優だとは思いませんでした。でも、今でも似たような事件が起きてるんですよね。

4位 聲の形
 いろいろ考えさせられ、3回も劇場で鑑賞しました。初見のときと2回目、3回目とそれぞれ違った感想があり、3回目は娘も連れて見に行きました。障害者をもった高校生という地味な素材ですが、人間の善悪、差別感とは何かといった深いテーマまで踏み込んでいます。

3位 シン・ゴジラ
 邦画の大作映画が、見ている方にリアリズムを感じさせつつも、恐怖と痛快さを兼ねそろえて体感させるという、映画史に残る作品ではないでしょうか。東日本大震災後の日本の諸制度が主人公でゴジラは狂言回しに過ぎないのも良かった。ハリウッドの娯楽大作よりも本作のほうが、個人的には好きです。これも2回見に行きました。

2位 怒り
 超豪華俳優ですが、ひたすら重いテーマを扱っており、1度見ただけでへとへと。でも、何より見終わった後に、心のどこかに斧を打ち込まれたような衝撃を受けました。人間の原罪や、絶対的な悪と善について、キリスト教の素地がない日本では珍しく考えさせられた作品です。

1位 この世界の片隅に
 70年前の戦争は、決して遠い世界ではなく、僕らと地続きで、確かに生きていた人たちがいたということを、アニメならではの緻密な映像で実感させてくれました。北川景子主演のドラマ版もよかったのですが、この緻密さはアニメだからできたことだと思います。主演ののんについては、とにかくすさまじいの一言で、彼女の代表作になるのでは。


ワースト 
 ボクの妻と結婚してください。
 これはひどかった。織田さんがかわいそう。

 「少女」や「永い言い訳」や「ヤクザと憲法」や「SCOOP! 」や「ヒメアノール」や「葛城事件」や「太陽」がベスト10に入らないというのは、我ながらびっくりです。とにかく、大当たりの年でした。

主演男優賞 神木隆之介(「君の名は。」「太陽」)
主演女優賞 のん(「この世界の片隅に」)
助演男優賞 古館寛治(「太陽」「淵に立つ」)
助演女優賞 二階堂ふみ(「何者」「SCOOP!」「密のあわれ」「ふきげんな過去」)
posted by 映画好きパパ at 06:57 | Comment(0) | TrackBack(13) | 2016年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445399152

この記事へのトラックバック

2016年度、年間マイベスト10+α
Excerpt: 2016年度のマイベスト10発表です。
Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
Tracked: 2016-12-31 15:44

My Best Movie 2016
Excerpt: 昨日が仕事納め。 年内、映画を観る予定はもうないので 毎年末恒例、僕の今年のベストムービーです。 今年、劇場で観た映画の本数は79。 昨年より6本多い自己記録更新。 実を云えば『シン・ゴジラ』を9..
Weblog: 西京極 紫の館
Tracked: 2016-12-31 17:08

2016年 映画 ベスト10
Excerpt: 今年は仕事が少し忙しくなり映画見るのもかったるくなったりで 本数は右肩下がりでした。 それでも、今年の最後に東宝のパスポートを発動して 年末に駆け込みで4本見ました。 今年は155本でした。  20..
Weblog: 気ままな映画生活 −適当なコメントですが、よければどうぞ!−
Tracked: 2016-12-31 23:23

2017年新年のご挨拶と、2016年邦画部門ベスト10ランキング選出
Excerpt: 新年明けましておめでとうございます。皆さまには、幸多き新春をお迎えのこととお喜び申し上げます。 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 2016年劇場鑑賞作品から、16年はアクション映画好きの私にと..
Weblog: パピとママ映画のblog
Tracked: 2017-01-01 18:48

2016年Nakajiの映画ランキング
Excerpt: 今年もいよいよ終わりです。 今年はTOHOパスポートに変えたのに本数は少なかったな〜94本でした。 映画も、これ!ってものがぱっと思いつかなくてなかなか悩みました。 今年の1本目は富山の舞台の映画から..
Weblog: C’est joli ここちいい毎日を♪
Tracked: 2017-01-01 20:53

2016年 個人的Best&Worst
Excerpt: 2016年劇場で観た作品でBest10とWorstを上げたいと思います。
Weblog: だらだら無気力ブログ!
Tracked: 2017-01-02 12:36

2016年ベスト10&ワースト10&more...(短評付き)
Excerpt: 【2017年謹賀新年】 2016年銀幕大帝αベスト10 (1/1〜12/31の間でリリースされた劇場公開新作DVDの中から選出) 1位:『映画「俺物語!!」』(レンタル開始日:2016-04-27)..
Weblog: 銀幕大帝α
Tracked: 2017-01-02 15:31

2016年映画総括
Excerpt: 今日で、2016年のブログ更新最終日。恒例の今年の映画鑑賞総括を行いたいと思います。作品をクリックすると感想記事にリンクするので、参考にしてください。 ***********************..
Weblog: NAO日和
Tracked: 2017-01-03 16:39

日本インターネット映画大賞―2016年度投票
Excerpt:  明けましておめでとうございます。  今年もよろしくお願い申し上げます。  昨年は、邦画57本、洋画48本の合計107本について、そのレビュー記事を拙ブログに掲載いたしました。邦画と洋画の見た数に結..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2017-01-06 07:27

2016 Movies Best 10
Excerpt: 今年はこちらから!
Weblog: 宇宙のめいぐると
Tracked: 2017-01-07 19:14

2016年マイベスト44(おまけで第12回シネマ停留所映画賞)
Excerpt: 「ベスト10」だけでは、つまらない! 全部に順位をつけましょか! という、毎年恒例のお遊び。
Weblog: 或る日の出来事
Tracked: 2017-01-09 19:31

2016年 日本インターネット映画大賞
Excerpt: 今年も昨年1年間の映画を振り返ります。去年までとは少しフォーマットが変わって、日本映画と外国映画、それぞれ5作品までしか選べないようになってる! [作品賞投票ルール(抄)] ■選出作品は3作品以上..
Weblog: まてぃの徒然映画+雑記
Tracked: 2017-01-22 01:21

≡≡ Top 20 MOTION PICTUREs 2016 ≡≡ SunHero's Entertainment Ranking (Pt.5)
Excerpt: 昨年観た映画は46本。一昨年に続いて再鑑賞した作品が1本。従って、ランキングの候補は45本。ランキングは総数の半分以内に収めるという独自要件があるため、一昨年同様Top20としました。この絞り込みが悩..
Weblog: エンタメ ウェブロッジ SunHero
Tracked: 2017-02-01 03:12