2017年01月31日

本能寺ホテル

 現代から本能寺の変の前日にアラサー女性がタイムスリップというプロットは普通なんだけど、脚本と演出に正直首を捻りました。でも、豊かな胸を強調した綾瀬はるかのシーンが多くて愛でることができたので、あまり文句をいうのも野暮かもしれません。

 作品情報 2017年日本映画 監督:鈴木雅之 出演:綾瀬はるか、堤真一、風間杜夫 上映時間:120分 評価★★★(五段階) 観賞場所:TOHOシネマズ川崎 2017年劇場鑑賞15本目

ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





 【ストーリー】
 アラサー女性の繭子(綾瀬はるか)は勤務先が倒産し、恋人の恭一(平山浩行)のプロポーズを受け、彼の親(近藤正臣)にあいさつするため京都へ来た。だが、手違いで予約したホテルに泊まれなかった彼女は、不思議な雰囲気の「本能寺ホテル」に泊まることになる。

 ところが、エレベーターから降りた繭子はびっくりする。そこは、1582年の本能寺につながっていたのだ。胃腸薬を渡したことから森蘭丸(濱田岳)と親しくなり、織田信長(堤真一)にも気に入られた繭子。エレベーターを使って現代と戦国時代を行き来するうちに、彼らの人柄に惹かれていく。そのため、明智光秀(高嶋政宏)の謀反を伝えて、助けようとするが、ホテルの支配人(風間杜夫)から、「そんなことをしたら歴史が変わってしまう」と警告され…

 【感想】
 出演者、スタッフ、題材をみると、「プリンセストヨトミ」などの作家、万城目学を想起しましたが、今回は関係ありません。ネットなどでは脚本トラブルがあったという情報が流れていますが、それにしても、脚本が練られていない。場面場面がぶつ切りなのです。

 例えば、現代の繭子は、婚約者にも言いたいことがいえないまま流されていく主体性のない女性。しかし、戦国時代にいけば、信長に対しても、おかしなことはおかしいというしっかりとした女性に変わってしまいます。また、命の危険があったのに、なぜまた戦国時代に戻りたいのかとか、そのへんの心理も説得力がなく、彼女のキャラクターがぶれぶれ。これは繭子だけでなく、信長も同様で、前半と後半でやっていることがつながっておらず、なぜ彼がそうするかの説得力も脚本にありませんでした。

 また、現代の出来事と過去の出来事が、ほとんど関係ないというのももったいない。特に、近藤を起用しているのに、彼のシーンをそっくり削っても何ら問題がない構成というのには疑問を感じました。さらに、鈴木特有の、登場人物が突然とまって一斉にこちらを向いたりとか、八嶋智人のわけのわからない動きとか、ああ、フジのドラマだなとうんざりしてしまいました。

 場面場面では盛り上げるポイントもあり、特にラストのカットは風情がある。それだけに、その盛り上げポイントが次の場面につながらない連続というのはかなり首をひねりました。

 でも綾瀬はるかはかわいいし、堤、濱田の主従コンビは見ていて楽しいし、綾瀬はるかはかわいい(大事なので二度いいました)ので、飽きはしませんでした。綾瀬は最近の作品選びがうまくいっておらず可哀そうだとは思いましたけどね。
posted by 映画好きパパ at 06:49 | Comment(0) | TrackBack(9) | 2017年に観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『本能寺ホテル』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「本能寺ホテル」□監督 鈴木雅之□脚本 相沢友子□キャスト 綾瀬はるか、堤 真一、濱田 岳、平山浩行、田口浩正、風間杜夫■鑑賞日 1月15日(日)■劇 場 TOHOシネマ..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2017-01-31 07:27

『本能寺ホテル』 2017年1月15日 TOHOシネマズ市川
Excerpt: 『本能寺ホテル』 を鑑賞しました。 今週は新作公開が少ない。 パスポートでの鑑賞は18本目である。 (14〜17本目は再観) 【ストーリー】  倉本繭子(綾瀬はるか)は、会社の倒産を機に恋人の吉岡..
Weblog: 気ままな映画生活 −適当なコメントですが、よければどうぞ!−
Tracked: 2017-01-31 08:08

本能寺ホテル ★★★・5
Excerpt: 「プリンセス トヨトミ」の鈴木雅之監督と綾瀬はるか、堤真一が再びタッグを組んで贈る歴史エンタテインメント。ひょんなことから戦国時代に迷い込んだ現代人の女性が、織田信長と心を通わせ、“本能寺の変”を回避..
Weblog: パピとママ映画のblog
Tracked: 2017-01-31 13:15

本能寺ホテル
Excerpt:  『本能寺ホテル』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)予告編で見て面白そうだと思って映画館に行きました。  本作(注1)の冒頭では、ビスマルクの言葉「愚者は経験から学ぶ。賢者は歴史から学ぶ」..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2017-01-31 17:49

本能寺ホテル
Excerpt: 監督は鈴木雅之 綾瀬はるか、堤真一、濱田岳等が出演。 信長は堤真一、 森蘭丸には濱田岳。 会社が倒産し解雇。 なんの目的も持たない主人公である 繭子(綾瀬はるか)。 彼女は恋人からプロポーズさ..
Weblog: 花ごよみ
Tracked: 2017-01-31 20:08

本能寺ホテル  監督/鈴木 雅之
Excerpt: 【出演】  綾瀬 はるか  堤 真一  濱田 岳  風間 杜夫 【ストーリー】 倉本繭子は、会社の倒産を機に恋人の吉岡恭一にプロポーズされ、恭一の両親の住む京都へ向かう。京都に着いた繭子は、路地裏に..
Weblog: 西京極 紫の館
Tracked: 2017-01-31 21:04

本能寺ホテル
Excerpt: 2017/01/14公開 日本 120分監督:鈴木雅之出演:綾瀬はるか、堤真一、濱田岳、平山浩行、田口浩正、高嶋政宏、近藤正臣、風間杜夫 私が過ごした一日は、信長の最後の一日だった STORY:倉..
Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
Tracked: 2017-02-01 17:12

本能寺ホテル
Excerpt: 本能寺ホテル '17:日本 ◆監督:鈴木雅之「HERO」「プリンセス トヨトミ」 ◆主演:綾瀬はるか、堤真一、濱田岳、平山浩行、風間杜夫、高嶋政宏、近藤正臣 ◆STORY◆何の疑い..
Weblog: C’est joli ここちいい毎日を♪
Tracked: 2017-02-15 20:49

[映画『本能寺ホテル』を観た]
Excerpt: ☆・・・うーん、信長の時代へタイムスリップするOLの巻き起こすコメディかと思っていたら、 なんか、あまりにも、変化への時間(経験)の足らない、職を失い結婚しか残された道はないのか、な元OLの自分探しの..
Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
Tracked: 2017-02-21 14:55