2017年02月14日

スノーデン

 アメリカ政府が世界中の人を盗聴している実態を内部告発した元CIA職員スノーデンを、オリバー・ストーン監督が早くも映画化。もう何年か前のニュースかと思っていたら、スノーデンは日本にもいたことがあり、もし、トランプ大統領が怒ったら、壊滅的な被害が起きることが明示されており、ぞっとしました。

 作品情報 2016年アメリカ映画 監督:オリバー・ストーン 出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、シェイリーン・ウッドリー、メリッサ・レオ 上映時間:162分 評価★★★★(五段階) 観賞場所:TOHOシネマズ日本橋 2017年劇場鑑賞26本目 



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

 【ストーリー】
 愛国心に燃える青年スノーデン(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、コンピューター技術の才能をかわれ、CIAに入る。教官のコービン(リス・エヴァンス)からも評価され、重要任務についていく。プライベートでもSNSで知り合った恋人リンゼイ(シェイリーン・ウッドリー)と愛を育んでいく。

 だが、スイスの国連代表部に派遣されたスノーデンが知ったアメリカの情報政策の実態は恐るべきものだった。文字通り、世界中のSNS、メールなどをアメリカが監視して、検索できるシステムを作り上げていたのだ。パソコンの電源を落としても、画像を盗撮できる。オバマ政権になって改善されると信じたスノーデンだが、アメリカ政府はますます違法な監視にのめりこみ、スノーデンはついに内部告発を決意する。

 【感想】
 スノーデンがアメリカの違法情報収集を発表した当時は大きなニュースになりました。それが、わずか数年で記憶の隅に追いやられた気がします。しかし、今もアメリカの違法収集システムは生きていますし、トランプ大統領になったら、好き放題使われる懸念が高まります。

 ジュネーブのあと、スノーデンは日本に派遣され、日本政府に監視を要請しましたが、拒否されました。けれども、極秘のうちに日本のネットワークインフラに罠をしかけてあるそうで、日米決裂となったときに、サイバー攻撃が容易に行われる危険があります。スノーデンの話が急に身近に感じてきました。

 といっても、真面目一辺倒の話ではありません。恋人にも職務を詳しくいえないのに世界中を転勤するうえ、カメラを以上に恐れる様子をみて、二人の間は徐々に裂かれていきます。こうしたスパイの哀しさを取り上げる一方、そのスノーデンが内部文書を持ち出す方法は、古典的な詐欺のようで面白かった。

 ただ、ガーディアン紙がスノーデンを香港で取材したのですが、アメリカとの間の回線は盗聴されなかったのかな、と不思議に思いました。ビッグデータの分析が進んだいまでは、すぐにCIAが取材現場に乗り込んでくるのかも。とにかく、現実にこういうことが起きていることをしるだけでも意義のある作品です。また、最近のニュースでプーチン大統領が、トランプ大統領就任祝いにスノーデンの身柄を引き渡すとの見方がでているとあり、国際情勢の変化の早さは驚くばかりです。

 ジョセフ・ゴードン=レヴィットとシェイリーン・ウッドリーという米英の若手スターが主演をしていますが、実物のスノーデンとリンゼイも美男美女なので、どちらが映画俳優か分からないような(笑)。また、ちょっとだけ出てくるニコラス・ケイジがおいしい役でした。
posted by 映画好きパパ at 06:54 | Comment(0) | TrackBack(4) | 2017年に観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『スノーデン』 2017年1月27日 TOHOシネマズみゆき座
Excerpt: 『スノーデン』 を鑑賞しました。 やっと3本目はパスポートでw 【ストーリー】  2013年6月、元CIAおよびNSA(アメリカ国家安全保障局)職員エドワード・スノーデン(ジョセフ・ゴードン=レヴ..
Weblog: 気ままな映画生活 −適当なコメントですが、よければどうぞ!−
Tracked: 2017-02-14 08:27

スノーデン
Excerpt: 愛国者? 裏切者? 公式サイト http://www.snowden-movie.jp 監督: オリヴァー・ストーン  「プラトーン」 「ワールド・トレード・センター」 「ウォール・ストリート」 20..
Weblog: 風に吹かれて
Tracked: 2017-02-14 13:18

スノーデン ★★★
Excerpt: 名匠オリヴァー・ストーン監督が、アメリカ政府による国際的な個人情報監視の事実を暴き世界を震撼(しんかん)させた「スノーデン事件」の全貌に迫る人間ドラマ。CIAおよびNSA(アメリカ国家安全保障局)職員..
Weblog: パピとママ映画のblog
Tracked: 2017-02-14 17:47

スノーデン・・・・・評価額1700円
Excerpt: ビッグブラザーの時代。 元CIA職員のエドワード・スノーデンが、国家権力による大量監視の実態を暴露した、所謂スノーデン事件の顛末を、一貫して反権力の立場で創作活動してきたオリバー・ストーン監督が..
Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ
Tracked: 2017-02-15 22:52