2017年02月28日

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う

 妻を事故で失った男が、どん底から立ち上がり始めるまでをみつめた佳作。 ジェイク・ギレンホールは心が壊れた人を演じると、天下一品ですね。

 作品情報 2015年 アメリカ映画 監督:ジャン=マルク・ヴァレ 出演:ジェイク・ギレンホール、ナオミ・ワッツ、クリス・クーパー 上映時間:108分 評価★★★★(五段階) 観賞場所:新宿シネマカリテ 2017年劇場鑑賞35本目



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
 【ストーリー】
 エリートビジネスマンのデイヴィス(ジェイク・ギレンホール)は妻のジュリア(ヘザー・リンド)の運転する車で出勤途中、事故に遭う。テイヴィスは軽傷で済んだが、ジュリアは帰らぬ人となった。その日から心がどんどん壊れていく。

 病院の自動販売機が故障していてお金が詰まったため、デイヴィスは自動販売機会社のカスタマーセンターに、自分が妻を失っている状況なのに、機械が壊れたというクレームの手紙を送る。そのことがきっかけで、カスタマーセンターのシングルマザー、カレン(ナオミ・ワッツ)と知り合い、彼女の息子クリス(ジュダ・ルイス)とも交流を持つようになる。一方、会社での言動もおかしくなりはじめ、社長でジュリアの父でもあるフィル(クリス・クーパー)は心配してアドバイスするのだが、余計にデイヴィスの心は壊れていき…

 【感想】
 突然の妻の死にとまどう夫というと本木雅弘主演の「永い言い訳」を思い出しましたが、同じく妻の死に涙できない夫でも、ジェイク・ギレンホールのほうが深く傷つき、壊れていく様子が端で見ていても鬼気迫る感じでした。エリートビジネスマン時代の顔つきとまったく別人のようにみえるからたいしたものです。マンハッタンの人通りで踊り出すシーンはまさに見もの。

 フィルが「心の修理も車の修理も同じで、まず分解して隅々まで点検し、再び組み立て直せ」との義父のアドバイスが引き金となり、オフィスのパソコンから始まり、帰宅後は家のあちこちも壊していきます。本当に心がどん底に落ちたときには、ものを壊すこと自体がストレス解消になるでしょうが、自分の身の回りのものを壊すことで、それまでの思い出や行動すら壊すことにつながり、みそぎとして必要だというのは分かります。

 一方、クリスも重要な役割を担います。頭が良いのに引きこもり気味で、人生に後ろ向きだったクリスとふれあうことで、父親に似た心理がでてきたのでしょうか。昨日まで赤の他人だった2人が、次第に突拍子もない行動を通じて、それぞれの傷を回復させる手伝いにつながったという描写もうまい。

 また、カレンとの関係も一定の節度を保っているというのも、なにかというと発情しまくるハリウッド映画のなかでは珍しい。「ダラス・バイヤーズクラブ」など、温かくも乾いた視点で対象を取り上げるジャン=マルク・ヴァレ監督ならではのうまさでしょう。

 このほか、脇役に至るまでしっかりと造形ができており、脚本のお手本にしたくなるほど。一方で、それほどことこまかに説明するわけでないので、観客の想像力に任される部分が多いというのも、うまいです。人生に疲れているときや、世の中嫌なことだらけと思っているときには、この映画をみることをお勧めします。
posted by 映画好きパパ at 06:39 | Comment(0) | TrackBack(6) | 2017年に観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447447763

この記事へのトラックバック

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う (試写会)
Excerpt: ぶっ壊して組み直せ 公式サイト http://ame-hare-movie.jp2月18日公開 監督: ジャン=マルク・ヴァレ  「ヴィクトリア女王 世紀の愛」 「ダラス・バイヤーズクラブ」 「わたし..
Weblog: 風に吹かれて
Tracked: 2017-02-28 11:53

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」
Excerpt: 邦題は捻りに捻ったタイトル。「晴れた日は君を…」の「キミ」は、裏側から見て妻のことにもなるし、妻が自分を、のことにもなる。しかし内容は原題の「DEMOLITION」そのものである。突然に妻を亡くした男..
Weblog: ここなつ映画レビュー
Tracked: 2017-03-01 13:16

ショートレビュー「雨の日は会えない、晴れの日は君を想う・・・・・評価額1650円」
Excerpt: 人生の「中身」を確かめたい。 「ダラス・バイヤーズクラブ」「私に会うまでの1600キロ」など、どん底に落ちた人間たちの逞しい復活劇を得意とするジャン=マルク・ヴァレ監督と、怪優ジェイク・ギレンホ..
Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ
Tracked: 2017-03-02 13:59

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う
Excerpt:  『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』を、渋谷シネパレスで見ました。 (1)予告編で見て良さそうに思って映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、ピアノの音(注2)が車内に流れる中、..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2017-03-03 20:51

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う
Excerpt: 出世街道をひた走る30代半ばの銀行員デイヴィスは、交通事故で妻ジュリアを亡くした。 ところが、一滴の涙も出ず、何の悲しみも感じない。 しかし、デイヴィスは妻が運ばれた病院の自動販売機に怒りを覚え、メー..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2017-03-15 17:52

映画:雨の日は会えない、晴れた日は君を想う DEMOLITION 「無感覚な生活」「喪失」からの脱出を見事に映像化するサマに惚れる。
Excerpt: 2017年に入って観た映画が、2本続けてクソ!(どの映画とは言わないが…) おい、映画界大丈夫か? な状態に陥っていた(笑) そして3作め。 今作で救われた&hel..
Weblog: 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
Tracked: 2017-03-20 10:18