2017年03月09日

愚行録

 外国人カメラマンによる乾いた撮影、妻夫木聡、満島ひかりらの演技合戦と見所はたくさんあるのですが、肝腎のプロットがなあ。日本にあるのかもしれませんが、ぴんと来ませんでした。

 作品情報 2016年日本映画 監督:石川慶 出演:妻夫木聡、満島ひかり、小出恵介 上映時間:120分 評価★★★★(五段階) 観賞場所:TOHOシネマズ日本橋 2017年劇場鑑賞40本目



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



 【ストーリー】
 週刊誌記者の田中(妻夫木聡)の妹、光子(満島ひかり)が児童虐待で逮捕される。その心配を払うように、田中は、1年前に住宅街で起きて未解決のままの一家殺人事件の調査に力を入れていた。

 被害者の夫の浩樹(小出恵介)は一流私大出のエリートビジネスマン。同じく一流大学を出た妻の友季恵(松本若菜)も仲むつまじく、幼い娘をかわいがっていた。だが、田中は2人の友人、知人を取材するうちに、隠されていた彼らの実像をしるようになる。一方、光子は不幸な生いたちに原因があったのではないかと、精神鑑定を受けるようになる。

 【感想】
 大学名は架空にしていますが、慶応大の内部進学生と大学に入って慶応大に入った人の確執がモチーフの一つになっています。そういうのはあるだろうけど、正直、慶応大に関係していないのに興味がないし、登場人物の一人が「日本は格差社会でなく階級社会だ」というけれど、たかだか、慶応大の内部進学で階級というのは、いくらなんでもいいすぎという気がしました。

 いくら貧乏な家庭出身でも、慶応大に入れた時点で、十分勝ち組の資格を得られるのが今の日本だと思いますけどねえ。まあ、どこまでの勝ちを望むのかによって違うのでしょうけど。また、エリートだからクズというわけでもなくて、クズがエリートだっただけなのに、なんかエリートすべてがクズというような印象操作も感じられた気がします。脚本は秀作の多い向井康介だけに、ちょっと惜しかったかな。

 ただ、冒頭のバスの中をカメラがなめるようにパンしていくシーンが、ラストにも繰り返され、この映像をみるだけで、長編デビューとなった石川監督の独特のセンスを感じさせられました。撮影は石川監督がポーランドに留学していたときの友人のビオトル・ニエミイスキで、ありふれた日本の風景が、外国人カメラマンだとこれだけ異質に感じるのかと、不思議な気も受けました。

 演者のなかでは満島が実によかった。最近の満島って、うまいのだけど、独特の発声、呼吸のタイミングが感じられるのですけど、本作の場合、普通にうまく、癖を感じませんでした。また、妻夫木、小出は、演技レベルが高いのが当然として、松本のお嬢様っぽさと天然の毒みたいなのが実にうまくでていて、それほど知名度のある女優ではないですが、思わぬ拾い物をした感じでした。
posted by 映画好きパパ at 06:37 | Comment(0) | TrackBack(6) | 2017年に観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447736393

この記事へのトラックバック

愚行録 ★★★★
Excerpt: 貫井徳郎の同名ベストセラーを妻夫木聡主演で映画化したミステリー・ドラマ。一人の週刊誌記者が未解決の一家惨殺事件の真相を追う中で、理想の家族と思われた被害者一家の意外な評判が明らかになっていくさまを描き..
Weblog: パピとママ映画のblog
Tracked: 2017-03-09 15:20

愚行録
Excerpt: 貫井徳郎の小説「愚行録」を 妻夫木聡と満島ひかり共演で映画化。 本は読んでいます。 主人公の週刊誌記者、 田中役を妻夫木聡、 田中の妹・光子を満島ひかりが演じます。 監督は石川慶。 週刊..
Weblog: 花ごよみ
Tracked: 2017-03-09 16:11

愚行録
Excerpt: 閑静な住宅街で一家惨殺事件が発生。 被害者は、会社員・田向浩樹、妻・友季恵、そして彼らの娘で、近所では仲睦まじい≪理想の家族≫として知られていた。 未解決のまま一年が過ぎ、週刊誌記者の田中は改めて真相..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2017-03-15 15:33

愚行録
Excerpt: 凄く見応えあったなぁ。
Weblog: だらだら無気力ブログ!
Tracked: 2017-03-20 00:32

[映画『愚行録』を観た]
Excerpt: ☆・・・なかなか面白く、のうのうとした、人間の、白々とした悪意をよく描けていた。 未解決の一家惨殺事件を調べる雑誌記者が関係者を調べるうちに明かされていく、被害家族の本当の姿。 それが、雑誌記者の出会..
Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
Tracked: 2017-03-21 00:00

愚行録
Excerpt:  『愚行録』を新宿ピカデリーで見てきました。 (1)妻夫木聡の主演作と聞いて、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、夜、混雑しているバスの中。空いている座席は見当たりません。  週刊誌..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2017-03-24 22:13