2017年03月10日

たかが世界の終わり

 フランス映画界の豪華俳優共演で家族の葛藤を描いて、カンヌのグランプリを受賞しています。ただ、僕自身は登場人物の心理が理解しがたくて、なんで世評がこんなに高いのか良く分かりませんでした。


 作品情報 2016年カナダ、フランス映画 監督:グザヴィエ・ドラン 出演:ギャスパー・ウリエル、ヴァンサン・カッセル、マリオン・コティヤール 上映時間:99分 評価★★★(五段階) 観賞場所:ヒューマントラストシネマ有楽町 2017年劇場鑑賞41本目

ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



 【ストーリー】
 人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)は、不治の病に侵され死期が近いことから12年ぶりに故郷に帰る。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)と、幼い頃に別れたきりの妹シュザンヌ(レア・セドゥ)は大喜びする。

 だが、兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)は不機嫌で、その妻カトリーヌ(マリオン・コティヤール)は不穏な家族関係を気にしながらも、何もできなかった。家族になかなか自分の病気のことを打ち明けられないルイだったが…

 【感想】
 故郷を捨てて都会にでて大成功した弟への嫉妬、羨望ともはや異物の登場によって奏でられる不協和音。いいたいことは何となくわかるのですが、日本とフランスの文化の差もあるでしょうけど、西川美和監督の「ゆれる」と比べると、ちょっと理解しがたかったな。

 大体、マリオン・コティヤールのような美人を妻にして、好き放題いえるだけで、人間として十分勝ち組であり、恐らく、田舎の偏見まみれなアントワーヌからすると、オスとしては十分ルイに勝っているわけで、同じオスである僕も、なんで勝ち組のアントワーヌが不機嫌なのか理解ができません。

 また、それ以外の家族も全員躁鬱かと思うほど、機嫌と不機嫌の落差が激しい。唯一、外部から来た存在であるカトリーヌだけが、すべて客観的にみているのだけど、あきらめの境地なのか、深くものごとにかかわろうとしません。そうすると逆に、なんで今時のフランス美人がこんな躁鬱的でわがままな夫に尽くすのかというのも、不思議な感じです。

 また、シュザンヌにしてもそうで、アントワーヌは長男だから家に捕らわれている自分に対して複雑な気持ちはあるのだけど、若い娘だからいくらでも飛び出す方法があるだろうに、彼女もなんで家にとらわれているのか。逆に今のフランスも田舎にいけば、昔の日本みたいなところが残ってるのでしょうかね。

 原作が戯曲で会話がメインのストーリーなので、名優の共演で表情、仕草などは見応えがあったし、若き天才グザヴィエ・ドラン監督らしい、ライトワークや、カットバックのように会話中に次々に家族の表情をみせていくみせかたはすごいと思ったのですが、最後まで物語りに入り込めませんでした。
posted by 映画好きパパ at 07:11 | Comment(0) | TrackBack(4) | 2017年に観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447766458

この記事へのトラックバック

『たかが世界の終わり』 自己憐憫の先にあるもの
Excerpt:  『わたしはロランス』『トム・アット・ザ・ファーム』などのグザヴィエ・ドランの最新作。  原作ジャン=リュック・ラガルスの戯曲『まさに世界の終り/忘却の前の最後の後悔』。なぜか映画の邦題は「たかが」..
Weblog: 映画批評的妄想覚え書き/日々是口実
Tracked: 2017-03-10 20:01

たかが世界の終わり
Excerpt:  『たかが世界の終わり』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)昨年のカンヌ映画祭でパルム・ドールに次ぐグランプリを獲得した作品ということで(注1)、映画館に行ってきました。  本作(注2)の冒頭では、..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2017-03-10 22:05

「たかが世界の終わり」
Excerpt: グザヴィエ・ドラン監督作品。個性的な作品を発表し続けている。あまりにもその個性が際立っているため、近頃ではちょっとした作品も「フツー」に感じてしまう程だ。12年ぶりに帰った故郷。目的は、ただ、自分の人..
Weblog: ここなつ映画レビュー
Tracked: 2017-03-14 19:05

たかが世界の終わり
Excerpt: 「もうすぐ死ぬ」と家族に告げるため、12年ぶりに帰郷した人気作家ルイ。  母は息子の好きな料理を用意し、妹のシュザンヌは慣れないオシャレをして待っていた。 浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のア..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2017-03-15 15:29