2017年04月19日

LION/ライオン 〜25年目のただいま

 予告編からグーグルのPR映画かと思いきや、インドで貧しい少年が迷子になっている場面に半分ぐらいを裂き、親子の再会シーンはわかっていながら、うるっときました。なかなかの秀作です。

 作品情報 2016年オーストラリア映画 監督:ガース・デイヴィス 出演:デヴ・パテル、ルーニー・マーラ、ニコール・キッドマン 上映時間:119分 評価★★★★(五段階) 観賞場所:Tジョイシネマ品川 2017年劇場鑑賞68本目 



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
 【ストーリー】
 インドの貧しい5歳の少年サルー(サニー・パワール)は、兄グドゥ(アビシェーク・バラト)の仕事を手伝おうと着いていくが、誤って回送電車の中で眠りこけてしまい、気がついたら1000キロ以上離れたカルカッタにいた。家に帰りたくても、場所を伝えることもできず、孤児院に入れられた後、オーストラリアの裕福な夫婦、ジョン(デビッド・ウェンハム)とスー(ニコール・キッドマン)のもとへ養子に引き取られる。

 20年以上たち、養父母に可愛がられて大学に進学したサルー(デヴ・パテル)はルーシー(ルーニー・マーラ)という恋人もできて幸せいっぱいだった。だが、インド料理の赤い揚げ菓子を目にしたことから、自分が迷子で、母(プリヤンカ・ボース)や兄が必死に探しているだろうことに思い至る。インドに行かなくても、グーグルアースなら現地の状況が分かると知ったサルーだが…

 【感想】
 前半は幼いサルーが迷子になったインドが舞台です。1980年代だというのに、生きるのに必死な貧しい農村や、迷子になった際に、地下街に寝泊まりする浮浪児たちの様子など、日本では敗戦直後としか思えないような状況が描かれます。サルーはオーストラリアの裕福な家に養子になったことで救われたわけですが、大部分の浮浪児たちは悲惨な運命が待ち受けていたことは想像に難くありません。

 子役のサニー・パワールはデヴ・パテル以上の好演をみせ、家族へ甘える一方、貧しい家計を助けようと頑張る姿や、危険を察知して生き残る生存本能などは目を見張ります。デヴ・パテルがオスカー候補になったけど、サニー君のほうに賞を上げたいくらい。あどけない表情、不安な表情など時々に応じた演技は見事で本作がデビュー作とは思えないほど。

 インド編はわかりやすかったのですが、後半のオーストラリア編になると、はしょった場面が結構あり、ちょっとしっくりこなかった部分もありました。特にルーシーとの関係は、もっとしっかり書き込めばいいのにという感じで、2人の思いがよくわからない。まあ、モデルがいるから仕方がないかも知れませんが。

 一方、ニコール・キッドマンはこんなに大きな子どもを持つ母親役になったというのは感慨深いけど、さすがの貫禄をみせます。生みの親と育ての親どちらが大事かという話しになると、育ての親としては不安でしょうが、スーの役柄もあって、人間味たっぷりに感じました。それにしても、グーグルにとってはなんだかんだいって良いPRになったでしょうね。
posted by 映画好きパパ at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(11) | 2017年に観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

LION/ライオン 〜25年目のただいま〜
Excerpt: 評価:★★★★【4点】(11) 前情報完全シャットアウト(予告編すら観ない)で行ってきた。
Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
Tracked: 2017-04-19 22:30

映画:LION/ライオン 〜25年目のただいま〜 Google Earth 万歳!以上終わり、じゃなくて…
Excerpt: 主人公サルー(写真)は、片親の母を支えようとする兄をサポートし、街で稼ごうとする日々。 そんなある日、兄に指示され隠れていた回送列車で待つうちに寝入ってしまい、何日もアテのない旅に&he..
Weblog: 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
Tracked: 2017-04-19 23:03

LION/ライオン 〜25年目のただいま〜 (試写会)
Excerpt: その名はライオン 公式サイト http://gaga.ne.jp/lion4月7日公開 実話の映画化 原作: 25年目の「ただいま」  5歳で迷子になった僕と家族の物語 (サルー・ブライアリー著/静山..
Weblog: 風に吹かれて
Tracked: 2017-04-20 13:50

LION/ライオン 〜25年目のただいま〜
Excerpt: 【LION】 2017/04/07公開 オーストラリア 119分監督:ガース・デイヴィス出演:デヴ・パテル、サニー・パワール、ルーニー・マーラ、デヴィッド・ウェンハム、ニコール・キッドマン、アビシェー..
Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
Tracked: 2017-04-21 17:43

LION/ライオン 〜25年目のただいま〜★★★★・5
Excerpt: 『英国王のスピーチ』などのプロデューサー、イアン・カニングが製作に名を連ねた実録ドラマ。幼少時にインドで迷子になり、オーストラリアで育った青年が Google Earth を頼りに自分の家を捜す姿を追..
Weblog: パピとママ映画のblog
Tracked: 2017-04-22 18:38

「Lion/ライオン〜25年目のただいま〜」
Excerpt: 感動作に涙したくて鑑賞。実話を元にした内容だという。ストーリーをネタバレしてしまうと、5歳の時のある夜、兄を待つ間に暖を取るために乗った停止中の回送列車が寝ている間に動き出してしまい、遥か彼方に離れた..
Weblog: ここなつ映画レビュー
Tracked: 2017-04-24 23:46

LION/ライオン 25年目のただいま
Excerpt:  『LION/ライオン 25年目のただいま』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)アカデミー賞の6部門にノミネートされた作品ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭の舞台は、イン..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2017-04-26 06:11

LION/ライオン 25年目のただいま
Excerpt: 1986年、インド。 5歳の少年サルーは迷子になって孤児院へ送られ、はるばるオーストラリアへ養子に出された。 …2008年、メルボルンの学校でインド出身の学生たちと親しくなったサルーは、インドの家族に..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2017-04-27 17:50

「LION/ライオン 〜25年目のただいま〜」
Excerpt: Google、株、上げたな!?
Weblog: 或る日の出来事
Tracked: 2017-04-28 06:21

LION ライオン 25年目のただいま〜/LION
Excerpt: やっぱり涙なしに観られなかった実話。 後半からエンドロールまで泣いてしまった〜 5歳で迷子になり、オーストラリア人夫婦の養子として育てられたインドの少年が、 大人になってGoogle E..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2017-04-28 19:19

LION/ライオン 〜25年目のただいま〜
Excerpt: 原題 LION 製作国 オーストラリア 上映時間 119分 原作 サルー・ブライアリー『25年目の「ただいま」』(静山社刊) 脚本 ルーク・デイヴィス 監督 ガース・デイヴィス 出演 デヴ・パテル/..
Weblog: to Heart
Tracked: 2017-05-14 10:03