2017年05月20日

カフェ・ソサエティ

 ウディ・アレンのシニカルなラブコメディ。軽妙洒脱だけど、だから何という気持ちも。まあ、この手の映画でいうのは野暮というものでしょうけど。

 作品情報 2016年アメリカ映画 監督:ウディ・アレン 出演:ジェシー・アイゼンバーグ、クリステン・スチュワート、ブレイク・ライヴリー 上映時間:96分 評価★★★(五段階) 観賞場所:TOHOシネマズららぽーと横浜 2017年劇場鑑賞84本目



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
 【ストーリー】
 1930年代、映画の都ハリウッドで敏腕エージェントとして活躍するフィル(スティーブ・カレル)の元に、ニューヨークから甥のボビー(ジェシー・アイゼンバーグ)が転がり込んだ。ハリウッドで働きたい素朴なボビーをフィルは雑用係として雇う。

 奥手なボビーは、フィルの秘書でヴォニーと呼ばれるヴェロニカ(クリステン・スチュワート)が親切にしてくれたことから惚れ込む。ヴォニーもボビーに好意をよせるものの、実は彼女はワケありの恋人がいた。失意のボビーは、同じヴェロニカ(ブレイク・ライヴリー)という名前の美女に出合い、たちまち恋に落ちる。

 【感想】
 ウディ・アレンには「ミランダとミランダ」という作品もありましたが、同名の人の物語に心惹かれるのですかね。さて、本作ではまったく違うタイプのヴェロニカに心を寄せてしまう青年の物語ですけど、そこの部分がそれほど突っ込まれないのがちょっともったいないかも。

 最初はハリウッドのセレブぶる空気が嫌いだったヴォニーが、やがて同じような空気に染まっていったり、純情素朴な青年が、夜の世界で台頭していったりと、愛がうつろいやすいだけでなく、時は人を変えていくというのも何となく感じました。貧乏でだけど素朴な幸せと、金持ちだけど虚飾まみれな幸せとどちらがいいのかという感じですね。もちろん、ラブコメだから、仰々しくしていませんが、何となく心にひっかかってしまいます。

 アイゼンバーグは純朴な役割が多く、本作でも前半はイメージ通りだったので、結構、後半の変化は笑えます。クリステン・スチュワートも「トワイライト」シリーズ後は、いろいろな役柄に挑戦しているのが好感もてます。ブレイク・ライヴリーは文字通りの役不足だったかも。

 30年代の黄金期のハリウッドやニューヨークの雰囲気というのは、おそらくウディ・アレンぐらいしかナチュラルに描けないような気がします。彼自身、30年代のスターたちとは面識があったでしょうし。だから、美術、ファッションといったところは見応えがありました。美男美女も含めて、お気楽に見られる作品だといえましょうね。
posted by 映画好きパパ at 07:07 | Comment(0) | TrackBack(7) | 2017年に観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450049950

この記事へのトラックバック

「カフェ・ソサエティ」
Excerpt: 「Café Society」 2016 USA1930年代のハリウッド。ある日、業界の大物エージェントのフィルはニューヨークに住む姉ローズからの電話を受け、次男のボビーがハリウッドで働きたいと言ってい..
Weblog: ヨーロッパ映画を観よう!
Tracked: 2017-05-20 14:42

カフェ・ソサエティ
Excerpt: 評価:★★★☆【3.5点】(11) ウディ・アレンにしてはシニカル要素が影を潜め
Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
Tracked: 2017-05-20 15:51

カフェ・ソサエティ★★★・5
Excerpt: 「ミッドナイト・イン・パリ」「ブルージャスミン」のウディ・アレン監督が1930年代のハリウッドとニューヨークを舞台に、2人のヴェロニカに翻弄される青年のほろ苦い恋と成長を描くロマンティック・コメディ。..
Weblog: パピとママ映画のblog
Tracked: 2017-05-20 18:07

カフェ・ソサエティ
Excerpt: ウディ・アレンの最新作ですが今回も楽しめた 面白かった〜 今回の女優さんはクリステン・スチュワートかー・・・と失礼ながら思ってましたが 綺麗なんだけど・・・なんか違う・・・でも綺麗だけどさ。。。(..
Weblog: ♪HAVE A NICE DAY♪
Tracked: 2017-05-20 21:25

カフェ・ソサエティ
Excerpt: 個人的にはブレイク・ライヴリーの方が好み。
Weblog: だらだら無気力ブログ!
Tracked: 2017-05-21 21:05

カフェ・ソサエティ
Excerpt: 1930年代、アメリカ。 ニューヨーク・ブロンクス育ちのユダヤ人青年ボビーは、映画業界のエージェントとして成功した叔父フィルを頼りハリウッドへやって来た。 叔父の雑用係となった彼は、叔父の秘書をしてい..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2017-05-22 08:38

カフェ・ソサエティ (試写会)
Excerpt: 大人になると... 公式サイト http://movie-cafesociety.com5月5日公開 監督: ウディ・アレン 1930年代。ニューヨークに暮らす青年ボビー(ジェシー・アイゼンバーグ)は..
Weblog: 風に吹かれて
Tracked: 2017-05-23 19:43