2017年06月22日

セールスマン

 今年のアカデミー外国語映画賞をとったイラン映画。地味な佳作で、今年のオスカー戦線は「ララランド」をのぞくと、そういうのばっかな気がします。
 
 作品情報 2016年イラン・フランス映画 監督:アスガー・ファルハディズ 出演:シャハブ・ホセイニ、タラネ・アリドゥスティン、ババク・カリミ 上映時間:124分 評価★★★(五段階) 観賞場所:109シネマズ川崎 2017年劇場鑑賞104本目



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



 【ストーリー】
 教師をしながら劇団に所属するエマッド(シャハブ・ホセイニ)と妻のラナ(タラネ・アリドゥスティ)は「セールスマンの死」の公演準備に忙しかったが、住んでいたアパートが倒壊の危険がでて、急遽引っ越しを余儀なくされる。

 劇団員のハバク(ババク・カリミ)の所有するアパートに引っ越すが、ある晩、留守番をしていたラナがシャワーを浴びているときに、何者かが侵入して、ラナは大けがを負ってしまう。

 【感想】
 イランの国情がよくわからないけれど、イスラムだから女性がけがをしても警察は動かないのでしょうかね。エマッドも被害届を出すのを渋っていたけど、ハンムラビ法典のような「目には目を」よろしく、自分で犯人を捜し出そうとするというのは、あまり日本では考えられないし、日本でそういう映画だったら、もっとバンバンアクションの作品になるでしょうね。

 また、イランって反米だろうに、アーサー・ミラーの戯曲を上演するというのも不思議。アパートの倒壊もよくあるのでしょうか。こういう異国の生活がどうなっているのかを知ることができるのも映画の楽しみです。ただ、素人の捜索という点では「午後8時の訪問者」を思い出してしまいました。

 犯人捜しもあるけれど、エマッドとラナの心理の変化というのも奥が深い。自分が不在のときに妻がけがをしたことにエマッドは負い目を感じるのか、捜査に熱中していきます。一方、ラナのほうは、性的な被害はなかったこともあり、一刻も早く事件を忘れたい感じ。このへんの男女の違いは洋の東西を問わずあるのかなあ。

 イランの俳優はあまりしらないのだけど、シャハブ・ホセイニとタラネ・アリドゥスティンは人間の心理をうまく演じているし、タラネの美人さには目をひかれました。ほかに脇役まで含めて、異国情緒を堪能できます。ただ、プロットのわりには、淡々と流れるので、これでアカデミー賞をとれたのは、トランプ政権への反動かという気がしました。
posted by 映画好きパパ at 07:02 | Comment(0) | TrackBack(4) | 2017年に観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

セールスマン
Excerpt: イランのアスガー・ファルハディ監督によるサスペンスドラマ。カンヌ国際映画祭で男優賞と脚本賞、アカデミー賞では監督が2度目の外国語作品賞を受賞しましたが、トランプ政権に抗議し、授賞式をボイコットしたこと..
Weblog: セレンディピティ ダイアリー
Tracked: 2017-06-22 08:29

セールスマン★★★・5
Excerpt: 「別離」「ある過去の行方」のイランの名匠アスガー・ファルハディ監督によるアカデミー賞外国語映画賞受賞の心理ミステリー・サスペンス。ひと組の劇団員夫婦を主人公に、妻が自宅で何者かに襲われた事件をきっかけ..
Weblog: パピとママ映画のblog
Tracked: 2017-07-04 21:03

セールスマン
Excerpt: イランの首都テヘラン。 若き教師エマッドと妻ラナが暮らすアパートが、倒壊の危機に晒される。 地元の小さな劇団に所属する二人は、劇団仲間の紹介で賃貸物件に引っ越すが、そこには前の住人である女性の荷物が大..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2017-07-05 17:31

セールスマン
Excerpt:  『セールスマン』を渋谷のル・シネマで見ました。 (1)アカデミー賞外国語映画賞を受賞した作品ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、テヘランの小劇場における戯曲『セールス..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2017-07-23 09:30