2018年06月14日

50回目のファーストキス

2004年にドリュー・バリモア主演でスマッシュヒットした同名映画を「勇者ヨシヒコ」シリーズの福田雄一監督と山田孝之コンビでリメイクしたのですが、正直、なんで今リメイクしたのでしょうかね。

 作品情報 2018年日本映画 監督:福田雄一 出演:山田孝之、長澤まさみ、佐藤二朗 上映時間:114分 評価★★★(五段階) 観賞場所:109シネマズ川崎 2018年劇場鑑賞131本目


 
ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
 【ストーリー】
 ハワイでツアーガイドをしている弓削大輔(山田孝之)は女性にモテモテで、日本からの女性観光客と一夜をともにして楽しんでいた。ある日、カフェで出会ったハワイ在住の美術教師、藤島瑠衣(長澤まさみ)に一目惚れして意気投合する。

 だが、次の日、再会した瑠衣は大輔のことをまったく覚えていなかった。実は彼女は1年前に交通事故で頭をうち、その日から夜寝てしまうと前の日の記憶がなくなる障害が起きていたのだ。瑠衣の父親・健太からあきらめるよういわれた大輔だが、あの手この手で彼女と付き合おうと奮闘する。

 【感想】
 2004年のオリジナルは観ましたが、その後、「私の頭の中の消しゴム」「エターナル・サンシャイン」「1週間フレンズ」などなど、記憶喪失のラブストーリーは枚挙にいとまがありません。リメイクにあたって新機軸があればともかく、意外とオリジナルに忠実で、福田監督お得意のゆるーいギャグが入っただけなので、正直、今さら感がありました。

 また、福田監督のギャグも佐藤二朗や、大輔の友人役のムロツヨシが好き勝手にやるいつものパターン。瑠衣の弟役の太賀と佐藤二朗のやりとりは笑えましたが、それ以外の多くの部分は僕のツボには入らず、このへんは好みがわかれるかな。

 大輔がハワイに天文学の勉強をしにきて、満天の星空を2人で眺めるといったシーンも、それまでのギャグの印象があって、うっとりできません。オリジナルもラブコメでしたが、本作はコメディの部分がちょっと強かったといえましょう。

 また、瑠衣の思い出の曲が山崎まさよしの「One more time,One more chance」で、何度も流れるのですが、これも新海誠監督の「秒速5センチメートル」の主題歌で、ラブストーリーではさんざん聞かされているので(山崎主演の「月とキャベツ」もありました)、おなかいっぱいという感じ。まあできが悪いわけでないので尾、本作が初見で福田監督のファンだったら面白いと思います。あとはお好みでどうぞ。

posted by 映画好きパパ at 07:43 | Comment(0) | 2018年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。