2019年10月05日

HELLO WORLD

 予告からは想像もつかないハードなSFで、登場人物の深い思いに泣けました。ただ、ノベライズの「勘解由小路三鈴は世界で最初の失恋をする」を読まないと理解しにくいところがあります。映画だけで分かるような感じだったらすっきりしたのだけど。

 作品情報 2019年日本映画アニメ 監督:伊藤智彦 声の出演:北村匠海、松坂桃李、浜辺美波 上映時間98分 評価★★★★(五段階) 観賞場所:東宝シネマズ川崎 2019年劇場鑑賞296本目 



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
 【ストーリー】
 2027年、京都に住む高校生の堅書直実(声・北村匠海)は内気な高校生。ある日、光とともに一人の男(松坂桃李)が現れた。なんと10年後の自分だとなのるその男、カタガキナオミは「お前に彼女を作るために未来からやってきた」と告げる。

 ナオミによると、3ヶ月後に直美は同級生の一行瑠璃(浜辺美波)と恋人同士になる。しかし、その直後に彼女は事故で死んでしまうため、その運命を変えなければならないという。直実はナオミから恋のアドバイスを受けると共に、事故から瑠璃を守るために、謎の力を与えられるのだが…

 【感想】
 前半はありがちなSFラブコメかと思いました。黒髪の美少女瑠璃は、だれも寄せ付けない凜とした表情でいつも本を読んでおり、他の生徒と親しむことはありません。そんな彼女をどうやってアタックするのか、ナオミはこれから起こる出来事を教え、その通りに動くよう直実にアドバイスします。その出会い方がバスで平手打ちという、いかにもな出会いでした。

 そして、2人は図書委員になりますが、そこに学年のアイドル、勘解由小路三鈴(福原遥)が登場して、2人にちょっかいをだします。この三鈴というキャラクターは途中、いったんフェイドアウトして、いったい何のために現れたのかよく分からなかったのですが、なんとノベライズは彼女を主人公にした視点からのもので、これが非常によくできているとともに、映画だけではよく説明のつかなかったことをすっかり氷塊させてくれます。

 さて、直実はナオミから衝撃の事実が伝えられます。なんと、直実たちは過去の京都のすべてを収拾した巨大量子コンピューター「アルタラ」の中のデータに過ぎないというのです。そして、データを書き換えようとすると、コンピューターの自動修復システムが、キツネの面をかぶった男の形をしてうじゃうじゃ現れる。その邪魔をかいくぐって瑠璃を助けなければならないのです。「マトリックス」以来、この世界は仮想現実であり、本当の自分はほかにいるというプロットはよくあり、本作も絵柄がきれいだけど、その系統かと思いきやまったく話は違う方向へと進んでいきます。

 直実がセンセイと呼ぶナオミの真の目的が何なのか明かされたときはびっくりしました。しかし、将来の自分を変えることは現在の自分にならできることです。大人になり忘れてしまったような思春期の鋭い感受性の大切さは、失ったうえに思い出させてもらって初めてわかるのかもしれません。直実とナオミの関係もそうですし、瑠璃や書籍版の三鈴もそうです。設定は最新の科学の知見を駆使したハードなものながら、中身は非常に人間の感情の本質に迫った上質の作品です。彼ら、彼女らの思いの深さに心がうたれます。

 ただし、SF作家の野崎まどが脚本を手がけただけあり、本格的な科学設定が難しく、終盤は自分の頭の中で理解が追いつけません。特にキャッチコピーにあるラスト1秒でひっくりかえる(これはオーバーでラスト1分でしょうが)理屈というのが、書籍を読むまで分かりませんでした。もうちょっと尺をとるか、別に三鈴主人公の作品を作って欲しいのですが、残念ながら興行収入が今一つなので、三鈴のスピンオフは難しいかな。

 主要出演者は人気俳優をそろえ、中でも北村と浜辺は「君の膵臓をたべたい」コンビですから、今度こそ、ハッピーエンドを期待しながらみていましたが、アニメの声優としてもぴったり。そこに松坂の落ち着いた演技がはまります。また、脇に釘宮理恵、子安武人らベテラン声優をそろえており、安心して観ていられます。

 テレビアニメはあまり観ないのですが、本作が劇場デビューとなる伊藤監督はテレビアニメで実績を残されたこともありますし、「けいおん」の堀口悠紀子によるキャラデザインもあいまり、キャラクターや京都の町並み、そしてハリウッドのSFを観ているような自由奔放なアイデアには拍手したくなります。それだけに三鈴の活躍がもっとみたかったなあ。

posted by 映画好きパパ at 22:05 | Comment(0) | 2019年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。