2020年05月05日

転生したらスライムだった件

 異世界に転生したらスライムになっており、魔物たちと闘うという人気ライトノベルのアニメ化。一期が2018年、今期、二期が予定されていましたが、コロナで順延になってしまいました。

 【ストーリー】
 彼女無しゲームヲタクのサラリーマン、三上悟(声・寺島拓篤)は町で通り魔に刺されて死んでしまう。気が付いたとき、彼は洞窟でスライム( 岡咲美保)に転生していた。捕食したものの能力を得たり、あらゆる知識を高速で把握できる大賢者(豊口めぐみ)能力があるスライムは、洞窟に封じられた暴風竜ヴェルドラ(前野智昭)と友達になったスライムは、リムル・テンペストという名前をもらう。

 ヴェルドラを体内に取り込むことで封じられた洞窟を抜け出したリムルは、弱いゴブリンたちを助け、牙狼やドワーフたちと平和な街をつくり始める。人間や多くの魔物と出会い、闘ううちに、やがて町は ジュラ・テンペスト連邦国と発展し、リムルはそこの盟主となるのだが。



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

 【感想】
 スライムという、ドラクエで最初にでてくるもっとも弱い魔物が、捕食と大賢者という特殊能力、そして転生前の人間の知識を使って、異世界で活躍するというのは痛快です。少年ジャンプのような友情、努力、勝利のテンプレートにのっていますから、心配せずにみられます。

 なんといっても、多くの魔物、人間がでてきてそれぞれ特徴、能力があるのが魅力です。ゴブリン、オーガ、オークといった通常の異世界系作品では悪役でしかないものも、本作ではリムルの配下として、連邦国の幹部になるものもでてきます。さらに、魔物には名前がないけれど、強大な魔力を持つリムルが名前を与えることで、魔物が配下になるとともに、ゴブリンがホブゴブリンになるなど進化するという設定もユニークです。

 この物語世界を確固たるものにするために2クール使ってもまだ、魔王とは何かとか先が見えてこないスケールの大きさもまた魅力です。そして、多くの出会いと別れ、種族が違っても配下になった魔物たちを家族のように思い、人間や魔王との友情も温めるリムルのキャラクターも好感をもちやすい。

 ただ、スケールが大きいし、王道的なストーリーの分、楽しめるけど深い感動をもたらすまではいかなかったのも事実。巨大な敵と戦い、苦戦するも味方の団結で勝利するというのも、何度も続くと僕の好みからするとちょっと疲れてしまいました。ただ、早く二期を観たいという気にさせるのも事実です。★★★
posted by 映画好きパパ at 07:47 | Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。