2020年05月12日

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…(放送中)

 今季最高というか、リピート回数からいえば歴代のアニメの中でも上位のお気に入りぶり。小5の娘もはまっています。現在6話まで放送されていますが、最後までこの調子でいってもらいたいものです。愛称ははめふら。

 【ストーリー】
 魔術のある中世ヨーロッパ風の異世界。公爵令嬢のカタリナ・クラエス(声・内田真礼)はわがままに育てられた8歳の女の子。同い年のイケメン、ジオルド王子(瀬戸麻沙美)に出会いすっかり有頂天。ジオルドがしらけているのに、べたべたとまとわりついてしまう。

 ところが、ジオルドを追っかけているうちに転んで頭を強く打ったカタリナは、自分の前世が日本のヲタク女子高生で、事故に遭って転生したことを思い出す。なんとこの世界は、前世ではまっていた乙女ゲーム、「FORTUNE・LOVER」の中だったのだ。しかも、カタリナは悪役令嬢で、主人公をいじめたあげく、良くて国外追放、悪ければ殺される運命にあったのだ。破滅する未来を避けるため、カタリナは東奔西走するのだが…



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


 【感想】
 異世界転生ものは現世の知識や道具がチート的な役割を果たしますが、カタリナの前世の知識はまったく役に立たないというか、あさってのものばかり。破滅を避けるために魔法の力を高めなければならない。カタリナは土の魔法を使うので、土と対話するために農業をしなければならないと、全然、でたらめの方向に思考がひろがっていくのです。

 しかもヲタク少女とはいえ、前世では田舎育ちだったため野猿の異名をとる野生児。王子に木登り勝負を挑んだり、落ちた菓子を拾い食いしたりと、貴族令嬢とは思えない破天荒なじゃじゃ馬になってしまいます。一方で、曲がったことは許さず、思ったことはストレートにいってしまう性格もあります。周囲の人が困っていたり、内心鬱屈をかかえたりしてても、カタリナが意図せずに解決してしまうところが何とも笑えます。

 カタリナはゲームの世界と違って、どんどん周囲と仲良くなり人気者になるのですが、本人はその自覚がない。いつ破滅しても大丈夫なように、ひたすら農業に打ち込むというのが何とも笑いを誘います。一応、ヒロインの美少女なのに、ひしゃくで肥料を巻いているのが決めポーズになったりするのだから、何ともとぼけた話。

 ジオルドだけでなく、ゲームではカタリナにいじめられて性格がゆがんだ義弟のキース(柿原徹也)、白髪のためいじめられていた美少女ソフィア( 水瀬いのり)、そして、ゲーム内ではカタリナにひたすらいじめられた主人公のマリア( 早見沙織)など、登場人物はいずれも魅力的。ゲーム内のフラグやイベントがひたすら壊され、みんなカタリナと仲良しになっていくのは非常に痛快です。

 大冒険とかまったくないけれど、現実でもあるあるといった人間関係の難しさ。それをひたすらうちやぶってくれるカタリナが、いまの鬱々とした世の中の雰囲気もふっとばしてくれます。聞くだけでもウキウキするようなオープニングと、その映像だけでも満喫できます。笑って、心が温かくなって、ひたすら面白い。本当にお勧めの作品です。★★★★★
posted by 映画好きパパ at 07:00 | Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。