2020年05月31日

八男って、それはないでしょう!(放送中)

 貧乏貴族の八男に転生したというニッチなスタートで、アニメの初回も貧しい農地の開墾からでてきたので、これは成り上がりの男を楽しむ、大人の鑑賞にも耐えうる作品かと思ったら、早々にチートな主人公がモテモテといういつものパターンになり、残念。

 【ストーリー】
 平凡な会社員の信吾( 声・榎木淳弥)は気づくと異世界の貧乏貴族の八男で5歳の少年ヴェンデリン・フォン・ベンノ・バウマイスターとして転生していた。あまりの家の貧乏ぶりと、八男ということでまともな教育も放棄されていたことから、将来、身を立てなければならないと思った彼は独学で魔法を勉強する。

 魔法の才能に恵まれたヴェンデリンは森の中で優秀な魔法使いアルフレッド(浪川大輔)と出会い、魔法使いとしての実力を開花させる。そして、冒険者になるため、冒険者予備校に入学したのだが…




 【感想】
 貧乏貴族の八男だからの大変さ、他の兄弟との厄介な関係や貧しさが描かれていて、これまでになかなかない描写だけにつかみはばっちり。さらにアルフレッドとの出会いや運命なども、骨太のストーリーを展開するのではないかと期待をもたせました。

 しかし、冒険者予備校に入ってから、失速します。当初は魔法の力が強すぎて周囲から遠巻きにされていたのですが、お約束通りショートカットの僕っ娘ルイーゼ( 三村ゆうな)、赤いポニーテールのイーナ(小松未可子)といった女性キャラにもてもて。

 さらに、都に飛行船に向かう途中、骨竜を退治したことから、準男爵になり巨乳で清楚な美少女エリーゼ( 西明日香)と婚約するなど、順風満帆ぶり。主人公まわりがチートに進んでいくので、ストーリーとしての起伏がありません。モンスターたちとの戦闘も、それほど特徴のある作画でもないし、かくべつひかれるものもありません。

 まあ、序盤が面白かったので、今後挽回するのかもしれませんが、中盤までは惰性で観ている感じです。★★
posted by 映画好きパパ at 07:58 | Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。