2020年06月15日

銀の匙(2013年、14年)

 北海道の農業高校を舞台にした青春物語。農業のリアルな現状とおいしそうな食材に加え、変にこびた描写がなく完成された作品。2期で終了したと思われるので、残りの部分は原作漫画を買ったほど気に入りました。

 【ストーリー】
 札幌の中学生、八軒勇吾(声・木村良平)は高校受験に失敗。厳しい父親(堀内賢雄)から逃れるために、北海道・帯広にある大蝦夷農業高校に進学する。広大な敷地で迷った八軒は、馬で探しに来たクラスメイトの御影アキ( 三宅麻理恵)に一目ぼれしてしまう。

 4人一部屋の寮生活。早朝から家畜の世話など、これまでとは180度違う生活。しかも、農家の跡取り娘で馬術部に入部した御影をはじめ、周囲は農業や獣医など将来の夢がはっきりしており、モラトリアムで逃げて来たのは八軒だけだった。さらに、学校で育てている豚や鶏も食用になってしまう。戸惑いながらも生真面目で優しい八軒は、周囲としだいになじんでいく…




ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
 【感想】
 実写映画はみましたが、やはりアニメ、漫画でしっかりとみると味わいもひとしお。都会で暮らす僕は、肉をおいしく食べるけどその動物が生きていたころなど想像がつきません。八軒が学校で飼っている一番小さい子豚をかわいがり、それを食べることにショックを受けるシーンがありますが、やはり経済動物がどういうものなのか、食べているだけの僕には想像もつきません。でも、命を食べるというのはどういうことなのか、考えをめぐらしてしまいます。

 使えなくなった動物はすぐに処分される厳しい社会。同時に、農業経営の難しさという現実問題もきっちり描かれています。都会から見れば農業というのは、心が豊かで自然と触れ合うというイメージもありますが、現代の日本で農業が生き残るためにはどうすればよいのか。原作者の荒川弘は北海道の大規模農家で産まれ、農業高校を卒業後、しばらく家業を手伝っていたこともあり、リアルな農業の実態がきちんと描かれています。

 といって、小難しいものではありません。八軒と御影は恋愛に鈍感で、二人のすれ違いっぷりは、ラブコメとしていてみていてむずがゆく、ほほえましくなります。また、八軒の友人や教師もユニークなキャラが多く、女軍人のような教師・富士(湯屋敦子)、コロボックルのように小さい校長(三ツ矢雄二)、クラスメートでお調子者で変な噂をたてて八軒を困らす常盤(庄司将之)、体形が卵みたいに膨らんでいるけど大農家の令嬢タマコ(高垣彩陽)などなど、ドタバタぶりは見ていて飽きません。

 また、八軒が夏休みのバイトで御影の実家の農場で働くことで、娘ラブが怖い御影の父親(小山剛志)とドタバタしつつも、経営状況が厳しく後継者難の農場の実情が描かれます。八軒の家族の実情もしっかりととりあげられ、高校生活を描いた作品としては広い所まで目配りが聞いています。

 そして、何よりもおいしそうな農業高校産の料理の数々。学校でベーコンをつくったり、ピザを焼いたりと、北の大地の恵みがこれでもかと現れます。1年生の時は寮生活で、冬は猛烈に冷え込む北海道ですが、これだけ青春を満喫して、将来のことをしっかりと考えられる農業高校というのは、冴えない高校生活を送った自分にとってはうらやましい限りでした。前述のようにDVDの売り上げなどから3期は難しそうですが、原作を読んで補完したラストも満足。
青春漫画の傑作といえましょう。★★★★★
posted by 映画好きパパ at 07:29 | Comment(2) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、オンラインムサコ会でお話させて頂いたももんがです。
私も銀の匙好きです。コミックだけは途中で読むの止まってしまっているのですが(いつもスーパー銭湯の漫画コーナーで読んでいるから)
実写もアニメも見てました。いいマンガですよね〜。

昨年の9月に北海道に一人旅行ってきたのですが
その流れで動物病院で先生とその話をしていたら
銀の匙がらみで面白い流れになったので
良かったらブログ読んでみてください。

これが北海道に行ったときのお話で↓
https://ameblo.jp/momonganekoneko/entry-12528907406.html
これがその後の先生とのお話です↓
https://ameblo.jp/momonganekoneko/entry-12552686273.html
Posted by ももんが at 2020年06月15日 09:50
コメントありがとうございます。
またブログも拝見しました。

コミックはラストまでよかったので、またアニメ化してほしいものです。
実際に北海道にいかれてモデルの学校に行かれたというのはうらやましい。
しかも獣医の先生とその話で盛り上がれるというのもいいですね。
僕もいつかいってみたいなあ
Posted by 映画好きパパ at 2020年06月15日 12:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。