2021年01月23日

天国と地獄〜サイコな2人(TBS系・日21)

 連続殺人犯と女性刑事の体と心が入れ替わってしまうという話で、新作洋画でも連続殺人犯と女子高生が入れ替わるというのがあるように、入れ替わりの物語の需要はありますね。ただ、綾瀬はるかのサイコな演技は絶品で、今後が楽しみです。

 【ストーリー】
 警視庁捜査1課の刑事、望月彩子(綾瀬はるか)は生真面目で融通が利かず、思い込み捜査をやらかし、上司の河原警部補(北村一輝)ら周囲の評価は低い。だが、猟奇殺人事件で、他の刑事が気付かない証拠を発見、IT企業社長として有名な日高陽斗(高橋一生)が怪しいとにらむ。

 日高は天才的な知性を使って猟奇殺人を繰り返すサイコパスだった。望月は日高を逮捕しようとして歩道橋でもみ合い、階段から転落する。病院で気が付くと2人の心と体は入れ替わっていた…



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
 【感想】
 第1話の大半を望月が日高を追い詰めるための捜査にさかれています。融通が利かない生真面目な女性や、周囲のセクハラ、パワハラにも負けないという設定は綾瀬はるかにぴったり。そして、高橋一生も相棒でサイコパスを演じたように、もともとこうした役柄は得意なんですが、入れ替わったらどうなるのか楽しみに見てました。

 終盤でようやく入れ替わったのですが、綾瀬の目つきの冷やかさがすごい。完全にサイコパスが望月の体内にはいりきっているよう。彼女の演技の引き出しがここまで広いとはちょっと驚きいました。一方、役柄とはいえ、高橋の演技はちょっと女性ぽさを前面にだしており、まじめで周囲にも負けない気持ちの女性刑事というよりも、突然のことにあたふたする普通の女性という感じ。このへんは2話以降で修正されるのかもしれません。

 脚本の森下佳子、メインの演出家の平川雄一朗とも、「白夜行」「義母と娘のブルース」と、綾瀬のシリアスな面からコミカルな面までを引き出したコンビであり、本作でも変幻自在のストーリーが繰り広げられることが期待されます。

 北村や後輩刑事役の溝端淳平ら警察役は、いつも通りの演技、役柄ですが、プライベートで望月にはフリーターのヒモ(柄本佑)がいるというのが、珍しい設定。初回の出番はそれほどでもなかったのですが、これまた曲者の柄本が演じているだけあり、2回目以降どういう展開になるのか楽しみです。★★★★
posted by 映画好きパパ at 07:44 | Comment(0) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。