2022年02月02日

ドクターホワイト(フジ系月22)評価★★★

 浜辺美波はかわいいのだけど、本筋の医療シーンが今一つ。もう、難しいことは割り切って浜辺美波を愛でる作品だとおもっちゃえばいいか。

 【ストーリー】
 医療ジャーナリストの狩岡(柄本佑)は早朝の公園で白衣を着た若い女性(浜辺美波)が倒れているのを発見する。幼馴染で、高森病院の院長(石坂浩二)の娘麻里亜(瀧本美織)がいる高森総合病院に運び込んだところ、彼女は記憶喪失だった。白夜と名乗る彼女は、社会常識すら忘れていたが、天才的な医療の知識をもち、病院の誤診を次々と見抜いていく。



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


 【感想】
 笑い方を忘れた白夜が笑ったり、怒り方を忘れた白夜がプンスカプンしたりと、浜辺の表情をみているたけ飽きません。美少女ぶりを発揮した彼女ならではの魅力が見事に捕らえられています。狩岡の妹の晴汝(岡崎紗絵)や麻里亜との女性同士の掛け合いもみていて楽しい。

 ただ、医療パートになると、物語の構図上しょうがないのですが、高森病院の医師がそろいもそろって誤診ばかりの無能にしかみえません。また、そもそも医師免許もないのに、病院のスタッフとして雇い入れる院長の本音は、今後、明らかにされるのかもしれないけど、現段階ではちょっと現実離れしすぎ。

 その病気も、彼女は診断補助しかできないので手術シーンの見せ場がないという、医療ドラマとしては地味な展開。毎回、彼女が誤診を見つけていくのですけど、盛り上げりをかくまま終わってしまいます。患者側の人間ドラマもほとんど展開せず、なんだかなあ。

 一応、失踪した麻里亜の兄(毎熊克哉)の謎とか、陰謀っぽい伏線ははっているのだけど、医療ミステリにつながっていくのでしょうか。まあ、浜辺美波が可愛いので、最後まで見続けるつもりでいますけどね。

posted by 映画好きパパ at 06:27 | Comment(0) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。