2020年06月23日

ケアニン〜こころに咲く花

 介護従事者の目を通して介護の実情を描いたヒューマン映画。人手不足やトラブル対策といったきつい部分までとらえていますが、登場人物が全員善人というのはユートピアのようです。

 作品情報 2020年日本映画 監督:鈴木浩介 出演:戸塚純貴、島かおり、綿引勝彦 上映時間101分 評価★★★★(五段階) 観賞場所:シネリーブル池袋 2020年劇場鑑賞96本目

 【ストーリー】
 介護士の大森圭(戸塚純貴)は小規模施設から大規模の特別養護老人ホームに転職した。だが、一人ひとりの状態に応じてケアできた小規模施設と違い、大規模施設は効率が最優先。圭は仕事が遅いと上司の秋元(中島ひろ子)から叱れる毎日だ。

 ある日、認知症の女性、木下美重子(島かおり)が入所してきた。夫の達郎(綿引勝彦)は老々介護をしていたが限界がきたのだ。達郎は効率優先のホームで美恵子がないがしろにされてるように思い、担当の大森に怒りをぶつける。



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
続きを読む
posted by 映画好きパパ at 06:43 | Comment(0) | 2020年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月21日

ビッグ・リトル・ファーム

 完全有機農法で大自然とともに農園を運営するなんて、きれいごとすぎて最初はうさんくさいと思っていたのだけど、映画では失敗も含めて完全なドキュメンタリーで、最初からラストまで楽しめます。

 作品情報 2019年アメリカ映画 監督:ジョン・チェスター 上映時間91分 評価★★★★★(五段階) 観賞場所:109シネマズ港北 2020年劇場鑑賞95本目



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
続きを読む
posted by 映画好きパパ at 06:59 | Comment(0) | 2020年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月18日

ルース・エドガー

 アメリカで黒人差別への抗議活動が広がっていますが、そんな単純に解決できるわけでないことを浮き彫りにした問題作。何とももやっとした感じがリアルさを感じます。

 作品情報 2019年アメリカ映画 監督:ジュリアス・オナー 出演:ケルヴィン・ハリソン・Jr、ナオミ・ワッツ、オクタヴィア・スペンサー 上映時間109分 評価★★★★(五段階) 観賞場所:イオンシネマズ港北 2020年劇場鑑賞94本目

 【ストーリー】
 アフリカの紛争地で産まれ、アメリカの白人夫婦エイミーとピーター(ナオミ・ワッツ、ティム・ロス)の養子となった少年ルース(ケルヴィン・ハリソン・Jr)。成績優秀で陸上部のキャプテンを務め、弁論大会の学校代表に選ばれるなど、高校でも人気者になっていた。

 しかし、宿題で武力紛争を支持するかのレポートを出したため、担任のハリエット(オクタヴィア・スペンサー)はロッカーを捜索。違法な花火を発見する。ハリエットはエイミーに連絡をとり、エイミーはハリエットのプライバシーを無視したやりかたに反発するも、ルースに疑念を抱き始めるのだった… 



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

続きを読む
posted by 映画好きパパ at 07:19 | Comment(0) | 2020年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする