2020年07月18日

君に届け 三浦春馬さん追悼

 俳優の三浦春馬さんが亡くなりました。繊細な演技が好きだっただけにすごいショック。まだ30歳なのにご冥福を祈ります。彼の作品のなかでも最も好きな「君に届け」を、2010年の10月に劇場鑑賞した際の感想をアップします。

 ■

 見る予定はなかったけど、監督が「虹の女神」の熊澤尚人監督なので、急きょ鑑賞。これが大当たりでした。ただ、日曜日で満員の六本木ヒルズは9割9分が女性かカップル。おじさん1人で見に来ている人は他にいなかった。違う劇場でみればよかった・・・

 【ストーリー】
 黒沼爽子(多部未華子)は、黒い長髪と陰気な表情から、ホラー映画「RING」の登場人物「貞子」そっくりで、貞子とあだ名がついている。同級生も、「貞子と話すと呪われる」と敬遠し、高校に進学しても友達も出来ない。

 だが、クラス一の爽やかイケメン風早(三浦春馬)は、爽子の真面目でやさしい性格を見抜き、何かと話しかけてくれる。また、風早の幼なじみの吉田千鶴(蓮佛美沙子)と矢野あやね(夏菜)も爽子のことを気に掛けてくれる。始めてできた友達に、喜ぶ爽子だったが、あらぬ噂がながれてきて・・・



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
続きを読む
posted by 映画好きパパ at 15:36 | Comment(0) | 2010年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする