2020年07月30日

悪魔を見た

猟奇殺人もの、復讐ものは韓国映画で多いのだろうけど、その集大成的な作品です。ただ、それだけに、これはこの映画でみたな、とか比較してしまい、どうしても既視感があったのは、この手の映画が好きなだけに残念。ただ、こういう映画に見慣れないと、ものすごい衝撃があるでしょう。特に日本でも人気のイ・ビョンホンが主演しているだけに、劇場でも韓流ファンらしい女性が、びっくりしてました。

 【ストーリー】
 韓国の国家情報院のエリート、スヒョン(イ・ビョンホン)は、フィアンセのチョヨン(オ・サナ)を何者かに惨殺され、死体はバラバラに捨てられる。復讐を誓ったスヒョンは、犯人が連続殺人犯のギョンチョル(チェ・ミンシク)であることを突きとめ、彼を捕まえ、残酷なまでに痛めつける。だが、それはギョンチョルとの壮絶な戦いの始まりでしかなかった。






ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


続きを読む
posted by 映画好きパパ at 20:22 | Comment(0) | 2011年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チア・アップ

 高齢女性の頑張りをみせる映画は最近増えてきたような気がします。本作もその一つで、非常にわかりやすく元気をくれる作品ですが、ちょっと単純な構造すぎるかも。

 作品情報 2019年アメリカ映画 監督:ザラ・ヘイズ 出演:ダイアン・キートン、ジャッキー・ウィーヴァー、パム・グリア 上映時間91分 評価★★★(五段階) 観賞場所:川崎チネチッタ 2020年劇場鑑賞129本目 



ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


続きを読む
posted by 映画好きパパ at 07:01 | Comment(0) | 2020年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月29日

英国王のスピーチ

 本年度アカデミー作品、監督賞を取った作品で、出来はかなりいいけど、あまりに巧みすぎて、見ている間はああ良い映画と思っても、深く刻み込まれる印象はありませんでした。でも、最近の洋画ってそういうのが主流だからなあ。

 【ストーリー】
 1930年代、英国王子のヨーク公(コリン・ファース)は、どもりでひっこみ思案となり、人前でまともにしゃべることができなかった。エリザベス妃(ヘレナ・ボナム=カーター)は、ヨーク公の身を案じ、さまざまな医者を頼るが、症状は改善されない。

 わらにもすがる思いで、2人はロンドンの下町のぼろオフィスで、言語聴覚士をするローグ(ジェフリー・ラッシュ)を訪れる。ローグは変わった治療法を提案し、自分を信頼するなら治療をするという。最初は反発したヨーク公だが、治療に効果がでていることに気づき、彼を信頼するようになる。やがて、英国王ジョージ5世(マイケル・ガンボン)が死去し、ヨーク公の兄のエドワード8世(ガイ・ピアース)が即位するが、エドワード8世は女性問題で退位。だれも予想しなかったヨーク公がジョージ6世として王位につく。そのころ、ヒトラーのナチスドイツはヨーロッパの侵略を始め、英国はドイツに宣戦布告。ジョージ6世は、国民に対して、開戦の演説をラジオで生中継しなければならなくなった。





ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
続きを読む
posted by 映画好きパパ at 22:21 | Comment(0) | 2011年に見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする